2019/7/10

第392回「量子力学の世界」(7月10日)  記録

おはようございます!今日からふとしさんに替わりブログを

担当させていただくことになりました、takiです。

ふとしさんのようにうまく書けるように精進していきますので、

よろしくお願いします!


今日はキャプテンに、「量子力学の世界」についてお話いただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

以前、キャプテンから「相対性理論」について発表がありましたが、

相対性理論は宇宙のことについて考える際に必要な理論。

今回の「量子力学」は、ミクロの世界について考える際に

必要な理論だそうです。


分子の周りを回っている電子に関する「2重スリットの実験」

によると、専用の装置で電子を飛ばした際、2重スリットを

すり抜けた電子をスクリーンに映すと、波と同じような波形

が現れるのだそうです。

電子は「粒」と考えられていますが、「波」でもある。

でも、その「波」を観測しようとすると、なぜだか「粒」

になってしまうそうです。


朝から頭の中に「???」がいっぱい浮かんでしまいまし

たが、いろんな電子機器に応用されているらしく、重要な

概念なのですね。


まだまだ、身の回りには知らないことがいっぱいあると

いうことを思い知らされた気がします。


朝から量子力学について学べるのもTBCならではですね!

【 参加者 8 名】



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ