新しいコト始めてみませんか?  初めての方へ

 豊橋ブレックファーストクラブ(TBC)は、経営者、起業家、コンサルタントなど、ビジネスに関心のある人たちの早朝ミーティングです。サラリーマン、学生の方などでも、やる気のある人なら、誰でも参加できます。

  (詳細はコチラ→TBCとは?

  (今までの会合の内容は?→TBCの記録

  (どんな人が参加しているの?→メンバー紹介

 単なる勉強会ではなく、ここから新しいビジネスを発信していきたいと思います。参加資格は特にありません。やる気のある人を随時募集しています。


日時:毎週水曜日 朝7時〜8時頃(祝日を除く)※1
場所:豊橋駅 徒歩3分 飲食店内(お問い合わせください)
会費:年間1000円(見学は無料)※2

※1…オンシーズンは4月〜11月(毎週)
   12月〜3月はオフシーズン(月1回)

※2…朝食代は別、各自で好きなものを注文。


 お問い合わせは、メールにて斎尾 h.saio◎nifty.com(◎→@)までお願いします。


(出発時間をチェック!→豊橋に7時に着くには??

2018/10/17

第371回(10月17日)「なぜ今問題?プラスチックゴミ 〜実態と私のささやかな抵抗〜」  記録

おはようございます、ふとしです。

今日はkatsuさんに発表していただきました。

「なぜ今問題?プラスチックゴミ 〜実態と私のささやかな抵抗〜」

クリックすると元のサイズで表示します

最近ストローやレジ袋の問題がニュースになっていますが

なぜそんなに問題になっているか今日聞くまでしっかりと

認識していませんでした。

プラスチックゴミは自然に還らなくて海を汚しているくらいは

知っているのですが、それがもう取り返しもつかないレベルに

まで来ているというのです。(このままでは2050年には海には

魚よりもプラスチックゴミの方が多くなる!!)

数万年後に今の時代の地層を掘り起こしたらプラスチックゴミ

ばかりが出てきて「新人世」と言われるだろうという人も

いるそうです。確かに既に地中に埋もれたプラスチックゴミは

たくさんあり、それが土に還らないからそうなるのでしょう。


また、katsuさんはタイ旅行で体験したことからもゴミ問題に

提言してくれました。東南アジアなどではプラスチック容器は

驚くほど多用されているそうですが、分別は全くされないそうです。

これは技術だけが取り入れられて使い方やモラル、回収技術

が追い付いていないからだとkatsuさんは考えています。


日本ではゴミの分別はかなり定着してきています。しかし、

集めたゴミを処理するという点では問題は山積しているようです。

ですので、まずはゴミを減らすことを心がけていきたいです。



ちなみに、katsuさんは竹細工をしているそうです。自然の素材の

良さがあります。便利だけではない、ちょっと不便だけど人にも

環境にも優しい生活もいいかもしれませんね。

【 参加者 6 名 】

2018/10/10

第370回(10月10日)「自分が変わる靴磨きの習慣」  記録

おはようございます、ふとしです。

今日は社内SEで中小企業診断士でもあるtakiさんに

「自分が変わる靴磨きの習慣」

という内容でお話しいただきました。


takiさんは、少し前まで靴には特に気を払っておらず

師匠から「靴、磨けよ!」と言われていたそうです。

そこで、まずいい靴を買い靴磨きをするモチベーションを

作り、それから靴磨きの習慣を始めたそうです。

また、通勤で自転車を使っているためにどうしても

信号などで止まるときにつま先立ちをしなくてはならず

靴にしわが出来ていたそうですが、ブラシでこすることで

そのしわが目立たなくなったのを見て感銘を受けたとのこと。

日々の手入れと3週間に一度の手入れを説明してくれました。


靴磨きを習慣にしたところ、気持ちがシャンとして姿勢も

良くなり、気持ちにも余裕が出来たそうです。

また、他の人の足元も見るようになり靴がピカピカの人は

ちゃんとした人だなと感じるようになったといいます。


舞台の演技でも指先まで役になりきることが大切なように

身だしなみも足元までしっかり気をつけることが自分を

ブランディングする上で大切なのですね。


takiさんが参考にした本の紹介のなかで、

『どんなに忙しくても何かを「磨くこと」に時間を割ける、

ということは、その人が時間のマネジメントに長けている

ことを意味する。』

という言葉がありました。忙しいからこそ「磨く」という

のは、靴だけでなく自分自身にも当てはまりそうです。

今日もいい話を聞けました。

【 参加者 6 名 】

クリックすると元のサイズで表示します
タグ: 朝活 豊橋 異業種

2018/10/3

第369回(10月3日)「相対性理論について」  記録

おはようございます、ふとしです。

先日の台風24号の被害で豊橋は広域で停電となりました。

火曜まで停電していた地域もあり、皆さん大変だったと

思います。その中でも、信号が機能していない交差点で

お互いの思いやりと助け合いを見ることができたりして

まだ日本も捨てたもんじゃないなと思いました。

(もちろん、我を通して事故している車もそれりに多く

ありましたが。)


さて、今日はとても理系なお話し。

キャプテンが「相対性理論について」で話してくれました。

クリックすると元のサイズで表示します

算数の段階から苦手な僕ですが、小説やアニメからこの手の話は

好きです。

「光速度不変の原理」とか「f=ma」とか言われると????

となってましたが、「重いということは動きにくいということ」

とか「ネットの上にボールを置いた時のように、重力で空間が

ゆがむ」とか分かりやすいたとえで説明してもらえたので

楽しく朝から頭をフル回転できました。

メンバーの中でも技術系の人はさすがですね。質問しながら

たくさんメモしています。

必死に話を聞きすぎて、あっという間に8時になってました。

クリックすると元のサイズで表示します

キャプテンは有名大学出身とのことですが、なによりもこの理論を

学んだのは大学ではなく中学生の頃からというのです。

頭がいいというか、変り者というか・・・。そんな尖がった

仲間が集まるのがTBCらしいと思います。

来週はどんな尖がった人の話が聞けるか楽しみです♪

【 参加者 6 名 】

2018/9/26

第368回(9月26日)「吹奏楽の世界と吹奏楽のオススメ曲」  記録

おはようございます、ふとしです。

すっかり秋めいてきましたね。一昨日は中秋の名月、

昨日はキレイな夕焼け空が見れたそうです。

感性豊かな方は自然が織りなす表情もしっかり見ている

のですね。(僕は全く気づきませんでした・・・)


ということで、今日は感性を高める音楽のお話し。

中小企業診断士のみやびさんに

「吹奏楽の世界と吹奏楽オススメの曲」

を教えて頂きました。


中学1年生から吹奏楽を始め、県代表や中部地区の大会に

出場した思い出と共に音楽への想いを語ってくれました。

部長をしている時に学んだという、「女子のことは女子に

任せる」は名言です(笑)


吹奏楽の楽器やポジションなど、意識したことがなかった

ことも知れて楽しかったです。トランペットやトロンボーン

は見た目が華やかですが音が通るので後ろのほうに配置される

そうです。音が小さい楽器が前の方に並ぶのですね。

たしかにフルートは最前列の印象がしっかりあります。


音楽は国境を超えることが出来る人類の共通言語と思っています。

これから東京オリンピックなどもあり世界中の人々がどんどん

身近になる時代に、音楽を始めるのもいいですよね。

【 参加者 7 名 】

クリックすると元のサイズで表示します

2018/9/19

第367回(9月19日)「外国人労働者〜製造の現場から〜」  記録

おはようございます、ふとしです。

今日は人手不足から最近ニュースなどでも耳にする

ようになった外国人労働者について、製造業の会社に

お勤めのkatsuさんが製造の現場から感じたことを

話してくれました。

クリックすると元のサイズで表示します

katsuさんの会社では今のところ外国人労働者はいない

とのことですが、一次仕入先、二次仕入先などでは

よく見るとのことです。


日本全体の2017年の外国人労働者数は約128万人もおり、

その労働力に今後更に頼ることになることが予想されます。

コンビニなどでも本当に多くの外国人の方が働いている

のを目にするようになりましたよね。


また、ニュースなどで介護の現場に外国人労働者をという

ことで東南アジアから資格取得と就労のために来日している

人達も紹介されていますが、問題は多いようです。

これまでは日本は技術力や経済力から働きに行きたい国で

あったのが、現在はそれが変化しており、このままでは

働く場所として選ばれない国になってしまうかもしれません。


実際に技能実習生という制度では最初の頃は中国から多くの

人が来ていましたが、人が集まらなくなりベトナムや東南

アジアの他の国から人を集めてくるようになったと聞いた

ことがあります。

世界規模で人材の奪い合いが起きているのですね。


【 参加者 6 名 】

クリックすると元のサイズで表示します

2018/9/12

第366回(9月12日)「十人十色ゲーム」  記録

おはようございます、ふとしです。

急に秋めいて肌寒い朝ですね。うだる暑さより今日のような

凛とした空気が好きです。気持ちが引き締まります。

(お腹のお肉は緩んでますが。)


さて、今日は「十人十色ゲーム」というものをネットで

見つけたのでそれを紹介しながら少しやってみました。

このゲームは、

゛「十人十色ゲーム」とは、「他者の視座」に対する意識を
喚起するきっかけとなる経験を提供するためにデザインされた、
"ゆるやかな形式"のオープンソース・ゲームです。
中学生から社会人まで幅広い参加者を想定した「協調学習」の
ための学習環境デザインを意識しています。″

とのことです。

実際にやってみて思ったのは他者視点もそうですが、実は日ごろ

からいかにその人を観察しているかも重要なゲームだと思いました。

もちろん、初対面の人同士であればその人がどのような人かを

想像しながら考えるのでしょう。それでもちょっとした会話の中に

散りばめられたヒントを参考にしながら、時には方言なんかも参考

にしてどんな人かを考えるゲームだと思います。

TBCメンバーで3問ほどやってみたのですが、その人に対して他の

人がどのように見ているか分かって楽しく交流が出来ました。

「目玉焼きにかけるのは、醤油?ケチャップ?ソース?」というの

では、自分が醤油だからという理由で相手もそうだろうと考えた人も

いたりして「他者」を意識することはちゃんと意識しないといけない

ことなのだなと確認もできました。


無意識で独りよがりな考えにならないために、楽しみながら他者

視点を意識できるゲームだと思います。ネットですべて公開され

ており例題もダウンロードできますので、興味を持った方は一度

ホームページにアクセスしてやってみてください。面白ですよ。

【 参加者 7 名 】

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ