2010/11/14  16:13

術前説明について  医療

内視鏡検査につくようになって思うんですけど、

検査前にどういう流れでどういう処置をするのかということを、それぞれの看護師の経験によって違うことを口頭にて説明している状況のような気がした。

口で説明したって、患者さんは緊張してるし、いきなり言われても把握できないと思うんですよねぇ。
私もこれまで造影MRIやら受けてきたときに、点滴とか痛いし大嫌いだし嫌だし、どんな感じでどんな時に刺されるのかとか、どのくらいの時間刺されるのかとか、心の準備が必要だったし、流れを予測できたうえで検査に臨める事って大切だと思うんですよね。


一応これまで数回内視鏡検査についてみて、私も流れを把握できたので、
検査を受けられる患者さんには「今からこういう目的でコレをして、これからコノためにコレをして検査に入ります」って説明はするようにしましたけど、
患者さんは、「はいっ! はいっ!」って緊張しながら頷いているだけのような気がするし、
ちゃんとパンフレットを見せながら説明することって大事だと思うんだ。


なので、
私がうまく滑らかに説明するための目的でもあるけど、
患者さんに渡せるようなパンフレットを自作してみようと思うんだ。

がんばろーっと。・
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ