2010/3/14  19:58

安らかな  医療

今日は久々に残業しました(*ノ_<*)
パニクリ看護の私は皆に手伝ってもらっても1人でてんてこ舞いです^^;


とっても安らかに眠っていったおじぃちゃんを看ました。
最期のレートが止まる寸前まで、問いかけにうなづかれたり意識がありました。ハートレートが30代になっても血圧計る時に手を握ってくれたりしました。(血圧はもう計れませんでしたが)



意識消失で夜間救急で入院したおじぃちゃん。
癌があらゆる場所に転移したターミナル状態でした。
採血データはどれもすごく悪い状態でした。

入院時レベルはV-300で意識も痛覚も無反応状態だったようですが、
私が出勤する日勤のころには意識が戻り、お茶がほしいといわれるくらいに戻りました。
家人がずっとついて飲水介助されてました。

午後から急にモニターアラームが鳴り響き、レートが伸びて30代になりました。
当直医が家人に説明し、昇圧剤のみを希望されました。
一時心臓は頑張ってくれてレート50代になりましたが、しばらくして30、20とさがってきました。
それでもレベルはずっとクリアで、しんどいね。。話しかけに首を振られました(*ノ_<*)
もう昇圧剤では対応できない。
レートが少しずつ下がっていくなか、あとは家人とともに過ごされ、ゆっくりと停止ししていったのでした。


なんだか老衰のような感じの眠り方だったの。
呼吸状態も下顎とか努力様でもなく安定していて、痛みや苦痛のあるような表情ではなかったように見えました。

さっきまで目を開けて手を握ってくれてたのにな。。もういないって不思議だな。。
1



2010/3/31  23:21

投稿者:あいだま

〓 m-shipさん 〓
うおーん(*ノ_<*) ですよねぇ。
皆に優しく生きていれば、きっと皆に優しく見守られながら眠ることができるですよね。
そうなれるように、まんまるな心で生活できたらいいなぁって思います!
センセも今のまま優しいセンセでいてくださいねー!

2010/3/17  3:53

投稿者:m-ship

きっとイイこといっぱいしてきたおじいちゃんなのでしょうね。俺も家族に見守られながら安らかに眠りたいなぁ。。。

と、まだまだ世のため人のために頑張らないといけない世代だねf^^;
ともに頑張りましょ〜。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ