海外・国内問わず、旅行が大好きな はたらく主婦・たらです。

 奇跡の泉・ルルドへ行ったことがきっかけでフランスの虜に♪
 さらにJGC修行香港にすっかりハマってしまいました。
 それ以来、お休みが取れるとフランス香港そして台湾へ行っています!!

 大好きな「旅」の出来事をメインに日々更新中!
 JGC夫婦となったワタシたちが、がんばってお金を貯めて行くJALでの空の旅を報告しま〜す♪


  ★現在、世界のコンラッドホテルに宿泊したらもらえるコンラッドベア(くま)を集める旅をゆる〜く実行中!
  ・2012年8月/東京
  ・2012年12月/シンガポール
  ・2013年5月/香港
  ・2014年1月/ヒルトン50周年記念コンラッドベアの旅(東京)




ブログランキング・にほんブログ村へ ランキングに参加してます♪よかったらポチッとクリックお願いします

2013/1/21

Wifiルーターのレンタルについて  ●2009年以前の旅行

我が家がwifiルーターをレンタルし始めたのは、昨年のパリ旅行のとき。



パリのホテルは無料wifiでつながるし、街中でずっと必要ってこともないやん
と思っていましたが、ダンナの強い希望によりレンタルすることにしました

正直、主婦の立場としては「5日間も借りたら結構するやん」と思ってましたが、
あんまり必要だと言い張るので仕方ありません。レンタルすることにしました



そして実際に使ってみたら、使う場所を気にせずに済むし、地図としてもかなり使えるので、
すごく便利だったのです
使い方も簡単だし、これは目から鱗ってくらい感動しました


それからは、wifiルーターのお世話になってます


台湾では利用しませんでしたが、シンガポールではホテルのwifiが有料だったこともあり、
レンタルすることに
調べものをしたりするのに、とっても便利でした。
ちなみに香港ではプリペイドsimを購入するので、特別wifiルーターをレンタルする必要はありません




うちの場合は、発着空港が違う場合も多いのですが(たとえば出発は羽田空港、到着は成田空港)
そういったことにも対応してくれるので、利用しやすいというのもいいです


うちの場合は、JALマイルが貯まるのでJAL/HPから申し込みます(笑)

http://www.jal.co.jp/inter/service/communications/

いつもここから、携帯・データーサービスを選びます。
行先によってキャンペーンをしてたりするので、そのときによってレンタルする会社を選ぶとお得かなw



羽田空港でも成田空港でも借り方はいっしょなのですが、
結構似たようなカウンターが多いので、借りる場所返却場所はしっかり把握して
おかないと、あれ???ってことになります→間違えて最初は違うところへ行ってしまった(笑)


クリックすると元のサイズで表示します
成田空港(第2ターミナル)で借りたwifiルーターはここで。今回はたまたまイモトのwifiでした


ここで一通りの説明を受けます→そして渡されます。

以前JAL ABCでレンタルしたときは、その場でPINを係の人といっしょに設定しました。
個人的には、機械に不具合がないかがわかるのがよかったです。
イモトのwifiの場合は、そういうことは特になかったのでラウンジで設定しました。



レンタルしたのは…(ホテルの照明の関係で画像は暗くてゴメンナサイ

クリックすると元のサイズで表示します
wifiルーターはこんなケースに入っております

クリックすると元のサイズで表示します
開けるとこんな感じ

クリックすると元のサイズで表示します
取説本体ルーター充電器マルチプラグが入っています。



そして、帰国後は、


クリックすると元のサイズで表示します
返却カウンターです
この一帯はいろんな会社が集まっていますので、間違えてないようにしてください。



返却手続きもあっという間に終了です。
しかも、リムジンバスの切符を買う間に返却してきてもらうので、ロスタイムなしww



ほんとに便利な世の中になりましたね〜










0



2013/1/25  11:06

投稿者:tara

坂下さんへ

バスク語って同じ国の中でも、外国語並に違うんですね。
勉強になりました。

バスク地方ってワタシにとって「食べ物がおいしい」というイメージが
強いところですけど、歴史や文化を知るとそれだけではない独自のエリアなんですね。
なんだか、行ってみたくなりました(*^_^*)

ただ…すぐ行きたくても仕事を長期で休めないから、定年後の楽しみとなります(^_^;)


http://happy.ap.teacup.com/tarahara/

2013/1/24  16:03

投稿者:ss

治安>
特にBasque(バスク)地方は、スペインとは民族が違うためか、
気質がかなり違うように感じました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%B9%E3%82%AF%E8%AA%9E

バスク語は、日本語と同じく現在残っている言語とのつながりが
まだ明確になっていない言語の一つです。
そのため、スペインにありますが、言葉がかなり違います。
たとえばワインは、スペイン語ではVino(Wineに近い)ですが、
バスク語ではArdoakです。
こういった点からも非常におもしろい場所でした。

2013/1/23  10:43

投稿者:tara

坂下さんへ

生の現地情報ありがとうございます!
素敵な旅をされたんですね♪
読んでるだけで、なんだか行った気分です(*^_^*)

地方ではある程度の治安は保たれているってことで
しょうね。
結局、都会にスリなどの出稼ぎ?にきて、観光客を
狙ってるってことなんですかね〜。

まぁ、パリでも、あとで考えれば詐欺?狙われた?なんてこと、
あります。
日本は治安がいいから、話しかけられた人に対して変に警戒すると
失礼になるんじゃないかって思っちゃうんです。
結局、詐欺にはひっかからなかったので大丈夫でしたけど、
お店の中にもそういう人が声をかけてくるんで注意ですね!

そう考えると、日本ってほんとに過ごしやすいですね(^_-)-☆



http://happy.ap.teacup.com/tarahara/

2013/1/22  16:38

投稿者:ss

坂下です。

> あ、1000字になってしまう。治安など続きは次の投稿で。

で、治安です。
Bar(バル)のある旧市街は行ったことがある知り合いから微妙かもと
言われていて、注意をしていったのですが、
かなり安全に感じました。
街なかでたとえば地図を見たり、
もしくは小さなCafeでメニューを見ていると、
ほとんどの場合、どうしたのかと訊かれ、
ただ、基本的にスペイン語かバスク語のみなので、
私は英語と関西弁しか話せないので、会話に困っていると、
通訳をかってでてくれる人が現れるという
かなりフレンドリーな街でした。
鉄道やバスも、12/25と1/1以外は時刻どおりに、
なおかつかなりの頻度で運行されていて、非常に便利でした。

鉄道とバスで1時間ほどのFraceにあるSaint-Jean-de-Luz(サン=ジャン=ド=リュズ)
にも行きましたが、
ここは箱根状態ですごい観光地でしたが(駅前でかまぼこを売ってるかもと思うぐらい)、
危険な感じはしませんでした。
(ただバスと鉄道はspain側の半分以下の頻度、2時間に1本ぐらいで、時刻どおりにこないので、注意が必要です)。

Bilbaoの街も行きましたが、こちらは大都会で大都会なりの注意が必要ですが、
アメリカのSan FranciscoやSan Joseのダウンタウンのような怖さがはありませんでした。

Barcelona(バルセロナ)はスリが強盗も多いと言われていますが、
ちょうどクリスマスシーズンだったのがよかったのか、こちらも大都会での
注意をすれば十分に感じました。
アメリカのBostonぐらいかしらん。

面白かったのはタバコで、多くの人は路上喫煙をしていてけっこう煙たいのですが、
店の中は禁煙で、これはこれでよかったです。

長くなってすいません。

2013/1/22  16:23

投稿者:ss

坂下です。
以下の方のblogを見るとパリはスリなどあるようですね。
http://blog.goo.ne.jp/majubii/e/dc1468b3cd41167a442cde3d8eda65e3
(私はParisは行ったことがなくCDGに降りたことしかないです)。

年末のSpainは以下のよう経路で行きました
12/25 NRT--(JAL)-->CDG--(AirFrance)-->BIO : 4泊
12/29 BIO --(Vueling)--> BCN : 2泊
12/31 BCN --(JAL/AirFrance)-->CDG--(JAL)-->NRT(1/1着)
この時は、マイルではなく、ダイナミックセイバーのE/F+
貯まっていたマイルをeJALポイントで使いました。

泊まったところは、BIO(Bilbao空港、Bilbaoはバスク地方の主要都市)から
バスやタクシーで1時間ほどのSan Sebastianという街でした。
ホテルはバスターミナル近くのところで、
値段はダブルベッドの部屋でルームチャージで1泊1万ほど。
San Sebastianはpintxo(ピンチョス- バスク語 - スペイン語だとpincho)という
Bar+小皿で出す料理が有名なところで、旧市街には100軒ぐらいあります(いやもっと
あるかも)。
食べ物とチャコリ(Txakolí - これもバスク語だと思います)、ワイン、
ビール安くて美味しいです。

あ、1000字になってしまう。治安など続きは次の投稿で。

2013/1/21  18:04

投稿者:tara

坂下さんへ

うちのだんなも、WiFiルーターとGoogle Mapの組み合わせで
旅を楽しんでおります(笑)

WiFiルーターが当たり前になってしまうと、使えない場所があると
ちょっと不便に感じてしまいますね〜。

坂下さんは、年末、スペインへ行かれてたんですね!
ワタシも行きたいなぁ〜って思ってます。
でも治安が不安…。どうでしたか?

正直、パリでも治安が不安で、いつも緊張感を持って、
バッグを握りしめてます(笑)



http://happy.ap.teacup.com/tarahara/

2013/1/21  17:26

投稿者:ss

坂下と申します。

WiFiルーターは便利ですね。
昨年末に行ったスペインのSan Sebastian、Bilbao、Barcelonaの
市街地は道が狭く、Androidタブレット、
WiFiルーターとGoogle Mapがなかったらちょっと大変でした。

ただ、このときスペインのみ有効なものを借りたのですが、
列車でフランスに行ったり、CDGでの乗り継ぎでやや時間があったりで、
複数の国で使えるものにすればよかったと感じました。





※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ