新型コロナウィルス給付金の申請代理  行政書士

新型コロナウィルスの給付金等の申請代理を引き受けます。

申請手続には時間と手間が掛かりますので、

書面作成代理人の行政書士が引き受けます。



2020/6/3  22:35

(無題)  行政書士

コロナと戦う。

過去に時間を取って何が価値があるのでしょうか。
データーは当てにならない。
スペイン風邪とは全く違うのです。
知恵を結集する時が来たのではないでしょうか。
過去にない事態をどう生き残るのかが、
未来を創ることです。
心を落ち着かせ、未来に向かって覚悟を決める。
切り捨てることも大切です。
一点集中により、無駄なものは捨てる。
ミッションの捉え方が重要なのです。



2020/5/19  22:08

家族信託  行政書士

成年後見制度の限界

それを補うのは家族信託制度です。

裁判所の許可・認可は必要なしが

この制度を活用する資産家はたわけになりません。

戯け・田分けなのかわかりませんが、

財産は国のもの、自分のものは3代後には無くなります。

自分はあの世に持っていくことはできませんね。

そこで、外側の世界のものは国のもの。

内側のものは代々続くのです。

成年後見制度は外側のもの

家族信託は内側のものです。


2020/5/17  16:33

新型コロナウィルス給付金の申請代理  行政書士

持続化給付金

経済産業省中小企業金融

新型コロナウィルス感染症拡大により、特に大きな影響を受ける事業者に、事業全般に広く使える給付金を支給します。

給付金
法人      200万円
個人事業者 100万円

*昨年1年間の売上からの減少分を上限

支給対象
新型コロナウィルス感染症の影響により、売上が前年同月比で50%以上減少している事業者。
中堅企業、中小企業、小規模事業者、フリーランスを含む個人事業者が対象。

医療法人・農業法人・NPO法人・社会福祉法人など、会社以外の法人も対象となります。

2020/5/17  13:04

新型コロナウィルスへの対応  行政書士

国への申請

雇用調整助成金申請

対象

全業種  新型コロナウィルス感染症の影響を受ける事業主。

要件

売上高または生産量などの事業活動を示す指標の最近1か月間の値が前年同月比5%以上減少していること。

雇用調整の実施について労使間で事前に協定し、その決定に沿って雇用調整を実施すること。





2020/5/16  20:24

事業を始めたい。  行政書士

飲食業・古物商・運送業・建設業・宅建業等、事業を始めるためには行政機関の許認可が必要となります。
許認可申請には複雑な申請書と沢山の添付書類が必要となります。
行政書士にご相談下さい。
開業時の負担が軽くなり、開業に向けての業務に専念することができます。

2020/5/16  20:16

会社を作りたい。  行政書士

株式会社
合同会社等
会社設立の定款作成。
設立登記申請(司法書士)など複雑な書類の作成には時間と手間が掛かります。
銀行等の手続にも時間が掛かります。
そんな時こそ、行政書士にまずは相談してください。
行政書士は書類作成のスペシャリストです。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ