2008/5/29

カーマロカ  

・「カーマロカ ー将門異聞」
著者:三雲岳斗
出版:フタバノベルス

「いやはや、すごいぞ。ぶっ飛ぶぞ。」
という帯びの北上次郎氏のアオリに惹かれて買っちゃった(笑)。
まあでも「ぶっ飛ぶ」ほどじゃないにせど、楽しく読むことが出来たから、「良し」ってとこかな?
「続編があっても面白いナァ」
って気分もあるから、割と気に入った方だと思う。(もともとこの手の作品(伝奇小説)は好きなんで、偏りはあると思うけど)

魅力的な漢(平将門)を巡り、彼を恐れ、羨望し、憎む男たちと、彼に惹かれる女たちの物語
・・・ってのが基本の骨子。
「ありがち」っちゃあ、それまでなんだけど、その枠組みの中では良く出来ていると思う。
この手の作品は「パターンの中でどれだけ面白くするか」ってとこもあるから、「ありがち」ってのは即座にマイナス評価じゃないんだよな。
将門を巡る人間模様には、安倍清明の兄弟子・賀茂保憲、その父・忠行、平貞盛、藤原忠平ら実在の人物が散りばめられ、物語を盛り上げてくれる。
最後には安倍清明もチョイと顔を出すくらいだから、サービス満点である。

大陸に渡った将門の子孫がチンギス・ハーン・・・なんてノリも考えられなくはない展開?
そういうのも面白そうだと思うんだけど、どうかね?



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ