2006/1/21

なべて世はこともなし。  雑感

朝起きたら雪が積もっていた。

この冬は多分一回くらい薄っすらと積もったことがあったけど、ちゃんと「積雪」と言えるような状況になったのは多分初めてだ。しかも一日中、しんしんと雪は降り続け、10センチ前後の積雪にはなったんじゃないかと思う。

ノーマルタイヤしか装備していないので、雪が積もったら僕の車は動かせない。まあ多少なら大丈夫なのは分かっているが、万が一を考え、息子を乗せては走らないことに決めている。
と言う訳で、今日は一日、マンションに籠もって、息子と遊んでいた。雪がやんだら外に連れて行ってやろうと思ってたんだけど、結局終日降り通しだったからね。

遊んだ内容は「積木崩し」…ならぬ「積木片付け」。
クリックすると元のサイズで表示します
出産祝いで友人から貰った木製の積木(すべてが同じサイズの立方体)を一度箱から出し、それを箱に詰め込むと言う遊び(?)。今までこんな遊びをしてなかったと思うんだけど、延々これを2時間くらいやっていた。
どうも「終り」になるのが嫌らしく、あと一つか二つで全て収め終わる、という段階になると、また箱から積木を放り出して、一から詰め始めるという、自主的「シシュポスの神話」状態(笑)。
途中までは僕も手伝って詰めていたのだが、余りの虚しさに、横で積木で塔を作り始めた。ところが片付ける積木が手元からなくなると、積木を求めて、敢然として息子は僕の「作品」を壊しにやってくるため、醜い親子の争いが…。

ライブドア問題やら偽装建築問題、米国産牛肉輸入問題等々、僕だって仕事では小さいながらも悩みの一つや二つは抱えているのだが、まあ、何かそういうのもどうでもいいかなぁ、などと思いつつ…
小市民的な冬の一日が暮れていきました。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ