2007/10/31

漱石夫婦 愛のかたち  

著者:松岡陽子マックレイン
出版:朝日新書
クリックすると元のサイズで表示します

漱石の孫(ということは夏目房之介の従姉だね)による漱石一家に関するエッセイ。
鏡子夫人の回想やら、夏目房之介の本やらを読んでて、そうそう変わった話が出てくるはずもないのに、こういうのを買っちゃう辺り、やっぱ僕も「漱石ファン」なんだろうかね。そんな熱心なファンじゃないけど。

私生活上は精神の病(一説には「鬱病」)で決して「良い夫・良い父親」でなかった漱石に対し、「良妻」ではなかったかもしれないが、包容力の大きさで一族に慕われた鏡子夫人。
こうなると一族の思い出話も圧倒的に「鏡子夫人贔屓」になっちゃうのは仕方がない。
第一、鏡子夫人は長生き(死亡したのは1963年。85歳だった)したから、それもアドバンテッジだったろう。
漱石贔屓からは色々言われている鏡子夫人だが(「悪妻」説が典型)、まあ実生活においては、芥川の証言なんかを考えても、やっぱり漱石は問題があったと見るのが妥当じゃないかなと思うよ。そのことと作家としての偉大さは関係ないし。
それを踏まえた上で、鏡子夫人が漱石のことを「優しい人だった」「情け深い人だった」と、全く悪く言わなかったところに、「結局は幸せな夫婦だったんじゃないかな」と第三者は少し安堵するのである。

本書については漱石・鏡子夫婦のほかに、作者の母(漱石の長女)である筆子の思い出が語られている辺りが特徴かな。
作者の人格形成において重要な役割を果たし、かなりしっかりした考えを持たれていた方のようだが、それでも漱石や鏡子夫人に比べたら、「キャラ」が薄いのは否めない。
でもそのことは家族にとっては幸せなことだったろう。
「天才を父に持つものではないわ。父親は平凡な人のほうがいいのよ」
この筆子自身の言葉がそれをあらわしている。

エピソードの集積のようになっていて、ちょっと話の流れが見えにくいところもあるんだけど、興味がある人にはそれなりに楽しめる本って感じだった。
ただこの題名はチョット気恥ずかしいけどね(笑)。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ