2007/6/28

評価するのは、まだ先  コミック

「萩尾望都」が僕にとって大切な漫画家であることは確かなんだけど、「残酷な神が支配する」のリアルなホモ描写がどうにもダメで(笑)、最近はちょっとご無沙汰していた。(「バルバラ異界」が評判いいのは聞いていて、買ってはいるんだけどね)
久しぶりに読んだのが、新作の連作(?)短編集「山へ行く」(「ここではないどこか」シリーズ)。
クリックすると元のサイズで表示します

萩尾望都の短編の質が高いのは知っているけど(その頂点が「半神」だろう。あれは凄かった)、これについては今のところ「う〜ん」って感じだナァ。「連作」になるようなんだけど、その「連なり」が見えてないしね、まだ。
「柳の木」なんかはいい感じなんだけど、「ありがちな話」っちゃあ、ありがちな話だからねぇ。
もう少し先を読んでから評価したいと言うのが正直なところかな。

本書には広告で「萩尾望都パーフェクトセレクション」のチラシが入っていた。
「萩尾望都が自ら厳選した珠玉の全9巻を『連載当時のカラーページを全てそのままに再現』して順次発売」
「トーマの心臓」(2巻)、「11人いる!」、「メッシュ」(2巻)、「ポーの一族」(2巻)、「スター・レッド」、「半神(自薦短編作品集)」
全集も持ってるんだけど、買っちゃいそうな感じだナァ。
しかしこのラインナップ。本当に「自選」だとしたら、萩尾望都はかなり「客観的」な視線を持って自分の作品を見れる人だね。
現役作家だから、もっと最近の作品を入れてもおかしくはないと思うんだけどサ。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ