2006/9/28

山積み  

待望の宮部みゆきの新作が出たと思ったら、立て続けに、大沢在昌(「狼花」新宿鮫の新作)、京極夏彦(「邪魅の雫」)と新作の連打。
おまけにディーヴァーのライム・シリーズの最新刊(「12番目のカード」)まで出てきて、どれから読んでいいものやら。

「読書の秋」…ですな。



2006/10/1  21:43

投稿者:鈴麻呂

作者自身が最初思ってた以上の出来になってるんじゃないですかね、このシリーズ。
おかげで、ちょっとヒロインを持て余してる気も(笑)。

先に京極堂を読み始めたので、コッチを読むのは少し先になりそうです。

2006/9/30  14:09

投稿者:Naru

 新宿鮫も実はもう第9作なんですね。このシリーズは全部読んでいますが、どれも水準以上かなと思います。このシリーズのいいところは主人公が強すぎず弱すぎず、ハードボイルドなんだけど人間味もあり、「男とはこういうものだ」みたいな説教じみた感じがないところでしょうか。
 新作はまだ読んでいないので早速購入してみます。
 

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ