2010/12/15

読書録「イシューからはじめよ」  

・イシューからはじめよ 知的生産の「シンプルな本質」
著者:安宅和人
出版:英治出版

クリックすると元のサイズで表示します

「知的生産術」に関する本。
脳科学を学んだ学者でありながら、マッキンゼーを経て、ヤフーの経営陣になったという異色の経歴を持った人が作者。
一言で言えば、
「『バリューのある仕事』をするには、どうしたらいいか?」
について論じた作品かな。
個人的には深く頷かされるところが多かった。
かなり「実際的」な内容なんじゃないかと思うよ。

すごーく簡単に本書の内容をまとめると、
「『本質的で、適確な課題』(=イシュー)を定め、質の高い解決策を導くことで『バリューのある仕事』ができる。
如何に『適確な課題』を導き、質の高い解を導くにはどのような手法・考え方をすればいいのかについて、具体的な方法を解説する」
・・・ってな感じ?
具体的な手法が「実際的」なのが勿論本書の価値なんだけど、
「まず『課題』を設定し、それから『解』を求める」
という考え方そのものこそが、真の意味で「実際的」だと思う。

学術的な世界は僕には分んないけど、「ビジネス」においては全く「その通り」だね。
大局観に基づく目標作りや、戦略の構築なんて部分は本書の欄外なのかもしれない。
だがその実現のための「戦術作り」においては、本書の考え方・手法は力を発揮するだろう。
所謂「シナリオ作り」。
これを論じていると整理してもいい。

「結果ありき、なんじゃないか?」
「予想外のところにこそ、ブレイクスルーする『解』はあるんじゃない?」
「答えがないことこそ、真に価値がある」

こういう批判はありえるし、一理あるとも思う。
作者もそのことは十分に認識している。
しかし一方で「そういうことは、論を尽くしてこその話」とも言えるだろう。
少なくとも「天才」ならぬ我々にとっては、そう考える方が「生産的」だと思う。

本書はおそらく、ビジネス上の「課題」に取組み、試行錯誤し、「解」を出すことに苦労した経験がある程度ある人が読むと、同感でき、新しい気付きもあると思う。
実務において生産性の向上に最も早く繋げることができるのも、この層の人たちだろう。
そういう経験がない若い人には、もしかしたらピンと来ないかも。
でもこういう考え方の「枠組み」が漠然とでも入ってると、色々な局面で役に立つだろうなとも思うよ。
個人的には20代後半に読みたかった、ってイメージかなw。
今読んでも、すごく参考になるけどね、もちろん。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ