2006/7/15

うつうつひでお日記  コミック

著者:吾妻ひでお
出版:角川書店
クリックすると元のサイズで表示します

僕の中・高時代、「吾妻ひでお」は、「メジャー」とまでは行かなくても、「知る人ぞ知る」という存在だった。それがまさかこんな変遷を…と言うのが、前作「失踪日記」。
まあ何たって、家出、ホームレス、アル中、肉体労働者(ガス管工)、うつ病…(順不同)という具合だからネェ。「失踪日記」自体はあまり陰鬱なムードのない作品なんだけど、描かれていることはハードな世界であった。(いやはや、奥さんがよく我慢したよ…)

本作で描かれているのは「失踪日記」時代以降、まがりなりにも社会復帰して、「失踪日記」が発売されるまでの時期。正直言って、な〜んのドラマもないので、「吾妻ひでお」に興味がない人には全く面白くもなんともない作品(笑)。
劇的展開を期待するなら「失踪日記」をお薦めします。ま、あれはあれで、「劇的」過ぎて、ちょっと現実感がないけど…(笑。「傑作」なのは確か)

本書を読んで実感したこと。

「偉大な人に『読書家』は多いが、『読書家』が偉大な人とは限らない」

この時期、吾妻ひでおは一日2冊くらいのペースで本を読んでたらしいけど、まあ彼の人生、褒められたモンじゃないことだけは確かだからね。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ