2006/6/25

ツレがうつになりまして。  コミック

著者:細川貂々
出版:幻冬舎
クリックすると元のサイズで表示します

例によって、「My Wife's Choise」。
「新聞の広告で見たんだけど、『元気が出る』って感じだったんで」
ということで購入したものの、読後の感想は、
「このネタは重過ぎる」(笑)。

確かに。小ネタで結構笑えはするんだけど、全体としては深刻すぎて笑い飛ばせる感じじゃない。
「ダーリン・シリーズ」の小栗左多里のトーンで、ネタとしては吾妻ひでおの「失踪日記」ノリで…
ってトコかもしれないが、「失踪日記」はあまりにネタが凄すぎて、逆に現実感が捕らえらえられなくて笑えたが、本作で取り上げているくらいの「うつ病」だとリアリティがあり過ぎるんだよね。実際、近い経験をしてる人間も何人か知っているし…。

個人的にはあまり「うつ」に近しい性格ではないと思っているのだが、こればっかりは、ねぇ。「ウィルスが原因だ」という説もあるくらいだから(科学的根拠があるのか知らんが)、自分や家族に無縁な病だとは断言できまい。

と言う訳で、何だか「その時」のための「心構え」を読まされたような気がしている(笑)。
真面目で、悪い作品じゃないけどね。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ