2006/6/22

クライマーズ・ハイ  

著者:横山秀夫
出版:文春文庫
クリックすると元のサイズで表示します

横山秀夫の作品では「第三の時効」が一番の出来と思っていたが、世評に高いだけあって、この作品が(読んだ中では)作者の最良の作品と言っていいだろう。
組織の中で、組織の論理と閉塞感、惰性に囲まれ、足掻きつつ、自分を立てようとする人物を描くのが抜群に上手い作者だが、その技量は本書でも遺憾なく発揮されている。奥歯が軋るような展開の中で、不意に差し込まれる日航機事件に関わった者の生々しい想い(例えば現場からの「一報」や、被害者の「遺書」)が、不意に読む者の心を突き動かす。
ラスト近く、引き絞られた矢が放たれたような瞬間のカタルシスは何ともいえなかった。

まあ読み終えれば「仕掛け」っぽいところで色々気になるところも多いんだがね(息子との和解を示すシーンも。グッとは来るんだけど、チョット出来すぎだろう)。ただそういう感想を超える「熱さ」がある作品だと思う。

本書は札幌に向かう飛行機の中で読み終えたんだが、何せ日航機墜落事故を題材にした作品。悪天候で大揺れの飛行機だったので、かなり怖い思いをさせてもらった(笑)。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ