2006/6/19

「決定的瞬間」の思考法  

・「『決定的瞬間』の思考法 キャリアとリーダーシップを磨くために」
著者:ジョゼフ・L・バダラッコ  監訳:金井壽宏  訳:福嶋俊造
出版:東洋経済新報社
クリックすると元のサイズで表示します

「ビジネス書」なんだけど、HOW TO本でも、人生訓でもなくて、哲学的思考をビジネスシーンに持ち込んだ、少し毛色の変わった本。
「『正しいこと』と『正しいこと』の間での選択の重要性」を説き、具体的な3つの例(「マイノリティ故の優遇への対処」「優秀だがシングルマザー故、十分に能力が発揮できず、組織にもしわ寄せをもたらしている社員の解雇問題」「反発も含め、社会的に影響力の大きい新商品の販売」)に即して深掘りして、なかなか興味深い論を展開してくれる。

「重大な選択には人生観が顕われ、それを通じて人生観が構成される」
まあ考えてみれば「当たり前のこと」なんだが、こんな風に詳細に語られると、改めて気付かされることも多い。個人的には「哲学」に弱いので、古今の哲学者の思想を豊富に引用した論の展開にも魅了された。
ビジネスにも勿論活かせる内容だが、広く一般的にも十分に興味深い内容を持っていると思う。「リーダー」論というのは、突き詰めれば「人間哲学」の話になるからね。

でもすぐに役に立つようなことが書かれている訳じゃないんだよね。要すれば「日々勉強」ってことかも(笑)。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ