2009/5/30

村上春樹新作。さて、いつ読むか?  雑感

発売前から増刷が決定したと言う話題の新作「1Q84]。
Amazonで予約したのが手元に届いた。

架空の「1984年」を描いたと言う(違うかもしれんけど(笑))この作品。
「上下巻」かと思ってたら、
「Book1 <4月ー6月>」「Book2<7月ー9月>」。
・・・ちゅうことは、「3」「4」があるってこと?

最近、「ドフトエフスキー」に言及したり、「総合小説」について語ったり・・・何か嫌な(笑)予感がしてたんだよナァ。

まあ村上春樹の文章を読むのが好きなんで、長いのは別にいいんだけど、さて「3」「4」はあるのかないのか、はたまた待つべきか?
到着したばかりなんで、未だ決断のつかないところ。

実はまだ、宮部みゆきの新作(「英雄の書」)も、村上春樹訳のチャンドラー(「さようなら、愛しい人」)も、買っただけで、まだ手をつけてない有様なんだよね。

先に妻に読んでもらおうかな(笑)。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ