2009/3/31

グローバル・マインド  

・「グローバル・マインド 超一流の思考原理 日本人はなぜ正解のない問題に弱いのか」
著者:藤井清孝
出版:ダイヤモンド社
クリックすると元のサイズで表示します

作者は東大法学部卒業後、「マッキンゼー」「ハーバード大学(MBA)」「ファースト・ボストン」と来て、
「ケイデンス日本法人社長」「SAPジャパン社長」「ルイ・ヴィトン・ジャパン・カンパニーCEO」「ベタープレイス・ジャパン社長(現職)」・・・と、外資系日本法人のトップを歴任してきたツワモノ。
その自分自身の経験を踏まえ、日本人が今後グローバル社会で活躍していく上で必要なことについて語った作品がコレ。
僕よりも少し上の世代になるんだけど、経歴が経歴だけに、なかなかギラギラしたオジサンです(笑)。

「サブプライム問題」以降、「グローバル化」は旗色が悪い(笑)。
作者自身は、経歴から明らかなように、「グローバル化」の本道を歩いてきたような人物なのだが、「世界経済がこういう状況になった中でこそ、日本人が活躍するエリアがありえる」という視点で本書を論じている。
そのキーは例えば「現場主義」。
一方で日本人がグローバル社会に対応していく上においては、「トップは現場主義ではなく、『戦略的視点』をもって経営しなければならない」とも指摘しており、そういう意味では「グローバル化」時代における「ガバナンス」の変革の必要性を論じた本と整理することも出来るだろう。
意地の悪い見方をすれば、「自分はグローバル化を享受したくせに、情勢が変わったらこんなことを言う」ってことも言えるだろうし、「所詮はアメリカ主義なんじゃないの」って見方も出来るだろうけど、「右が駄目なら左」じゃないからね。
「グローバル化の流れは不可避。その中で行き過ぎた部分をどう矯正していくかが課題」
というのがバランスの取れた考え方だろう。
本書の主張もそういうポジションにあると考えていいと思う。
先の世界大恐慌後の「保護貿易」の広がりが第二次世界大戦を導いたことを忘れちゃいかんよな。

日本人や日本マーケットに関する視点には同感できるものも多いし、示唆的でもある。(日本のマーケットについて「過当競争に陥っており、グローバル化に対応できていない」という指摘は、今の僕が勤める業界の動きを裏付けているような指摘でもある)
あるいは作者が華麗な(笑)経歴のなかで経験したことを読むだけでも結構楽しい。
ナカナカ面白い本でしたよ。
(まあでも「英語は基本OS」っちゅうのは、僕には「痛い」けどね(笑))




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ