2008/11/30

すべての経済はバブルに通じる  

著者:小幡績
出版:光文社新書
クリックすると元のサイズで表示します

21世紀の経済を「キャンサーキャピタリズム=癌化した資本主義」と定義し、その内容を具体的に指摘・解説した作品。
前半では「バブル」に関する解説、特に現在の「バブル」が歴史上の「バブル」と異なり、「リスクテイクバブル」である点を解説。
続いて、07年2月の「上海発世界同時株安」、07年7月からの「サブプライムショック」、08年3月の「世界同時暴落スパイラル」の流れを追って、その「バブル崩壊」の過程を明らかにした後、「バブルの本質」について解説する構成になっている。

非常に論理的で頭に入りやすい内容になっている一方で、07年2月から08年3月までの「バブル崩壊」過程を追いかける下りは、ドラマチックでスリリングな記述となっており、(僕は投資運用はしてないんだけど)結構ヒリヒリする感じがあった。
そういう意味では「読み物」としても、イイ出来なんじゃないかと思うね。

「キャンサーキャピタリズム」というのは言ってみれば「ねずみ講」(笑)。
「最後のヤツがババを掴む」。
但し金融資本が溢れかえった現在においては、運用者は出資者とは別に存在しており(「資本と頭脳の分離」)、それ故に運用者はライバルよりも高い運用実績を求められ、結果としてチキンレースに最後まで参加せざるを得ない。(従って「投資のプロはバブルに近づかない」のではなく、「投資のプロだからこそバブルに乗る」ということになる)
一連のバブル崩壊過程を見る中で、作者のこの主張への納得感は高い。
多くのヘッジファンドが破滅していったのはそれ故であろう。

本書の初版は「08年8月」。
従ってそのあと(08年9月)に世界経済を襲った「リーマンショック」以降の「世界金融不安」については本書は(当たり前のことながら)触れていない。
(ちなみに「世界同時暴落スパイラル」は「日経平均1万2千円強」で締められる。それが今や「8000円」前後だからねぇ)

<今回のリスクテイクバブル崩壊は、」まだ、第一次崩壊過程と思われ、今後、幾度となく、キャンサーキャピタリズムは発祥し、リスクテイクバブルは繰り返され、さらに別の形のバブルやそれ以外の発症があるであろう。
 キャンサーキャピタリズムの完治はいつか。それは意外と遠いようで近い気もする。しかし、それまでには、これまで以上の激痛と悶絶を経なければならないだろう。少なくとも、その覚悟だけは、我々は今からしておかなければならない。>(P.244)

果たして作者はこの事態を想定していたのか否か?
いずれにしても、この作者のクレバーな視点で、08年9月以降の「更なるバブル崩壊」の過程をトレースして欲しいナ・・・と思わせる一冊です。
(投資すんのが怖くなるけどね)



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ