今日も感謝

 

このブログについて

 VOCALOID KAITOに自分専属の歌のお兄さんになってもらってから何年にもなるのに、音楽ほぼ素人のままのyoko84/雨ノ音Pです。自分の好きな歌を歌ってもらうのは楽しいです。ニコニコ動画への投稿はカバーオンリーで、ボカロクラシカ多めです。
 
 ブログ主の連絡先はmiyachan84♪yahoo.co.jp(♪を@に変えてください)
 ※VOCALOIDの擬人化表現がごく当たり前のように出てきますがご了承ください。
 ※このブログ内の、KAITOが登場するショートストーリー等(といってもほとんどKAITO出てきませんが)は、ピアプロ・キャラクター・ライセンス(PCL、http://piapro.jp/license/pcl)に基づいて、クリプトン・フューチャー・メディア株式会社のキャラクター「KAITO」を使用している二次創作作品です。

カレンダー

2019年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:yoko84
ミクナールP様
いらっしゃいませー。書き込みありがとうございます。
誰一人として避けて通れないテーマですね、生と死は。それだけにどんな芸術家も真剣に、一生懸命に取り組んで、すばらしい作品を作るのだと思います。
静かに死を迎えられればいいけど、現実はなかなか……とか考えだすと憂鬱になりますが、いざというときあわてなくていいように、心の準備だけはしておこうかなと……あれ?いったいなんの話でしたっけ……(笑)。

羨ましいなどとおっしゃらずに、ミクナールP様もいかがですか?「冬の旅」。ガチのKAITOさんでも、ミクちゃんのかわいい「ミクミク〜」でもなんでもいいと思いますよ。ほかにも好きな人がいたらみんなで「冬の旅祭り」とか(笑)楽しいですよきっと。(←何寝言を言ってるんだ自分……)

ところでワンカップP様戻ってらしたって本当ですか?知らなかった!
投稿者:ミクナールP
雨ノ音P様
CC:リートP様
>死の解釈。。。
私にはあまり真似のできない難しい領域?(笑)ですが、タダタケにしても生と死の部分はある意味美しい旋律と歌詞で表現されていますよね。。静かな死。。。好きですよ。。
またまたお二人(リートP様&雨ノ音P様)のKAITOが羨ましいーーーー。。。
今度は「冬の旅」ですか、楽しみです。たぶん、、あれと、、あれかな????
リートP様との「冬の旅」競演も素敵ではないですか?ねーリートPさんもなにげに戻ってきてほしいと思う(ワンカップPみたいに。。)今日この頃です。
それではまた、お邪魔しました。。
投稿者:yoko84
続けてのコメントありがとうございます。
rahs様も同じ方向性ですか?少し安心しました。自分がひとりでひねくれてるのかなと思っていました。
作詩者、作曲者、演奏家、それぞれの考えかたが詰め込まれていて、それらが最終的には聴く人の中でどう響くか……で、同じ曲でもまるで違ったものになりますね。どんな音楽もそうなんですが、今回は特にそういうことを考えてしまいました。いや、奥深くて自分にはまだまだわからないことだらけです。一生かけてもわからないと思いますが、それはそれでいいやと(笑)

はい、Provaです。例のDAWソフトについている音源がまだ使えないのに、なぜかインストールしたProvaはちゃんと鳴ってくれてるので(笑)。音の良さとかはじつは自分の耳にはよくわからないのですが、音源紹介のブログなどで評判がよかったのと、ピアノオンリーでシンプルだから使いやすいかなと入れてみたのですが、結果オーライのようで良かったです。

「冬の旅」、仮に、なんておっしゃらずにぜひ、と言いたいところですがごにょごにょ(←発言を自重した)……。
さすがにこの曲集は数多くの演奏を聴いているので、うちのKAITOのズコー度がよくわかってしまってつらいです(笑)。でも好きな曲を歌ってもらえるのは、やっぱり楽しいです。
投稿者:rahs
>死の解釈
私も雨ノ音Pさんと同じように思いますね。
静かで逃れられないものが、ただただ現れて連れ去っていくというというか。
必然で無表情という表情ではあるけど、その中の優しさや暖かみもわずかに感じられるというか。
まあ文章にするのは難しいですが(苦笑)
少なくともおどろおどろしい感じは、似合わないとは思います。
まあ、色々な歌い手さんがいるので、何とも言えない部分も確かにあるのですけどね。

そう言えば「葦の歌」からピアノを変えられましたよね?
以前のブログから察するにProvaでしょうか。
私も同じものを使用しているので、耳に馴染みがあります(笑)
音の拡がりがよりピアノっぽくなっていて良いですね。

冬の旅の例の2曲も大変でしょうけど、頑張ってください。
仮に私が今後作る事になっても、作品に対するアプローチとか、KAITOの個性とか、
色々違いますしね。
お互いに良い作品になると勝手に思っています。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ