2009/12/4

恨みと復讐  

先日、タランティーノの新作映画イングロリアスバスターズを観てきた。



痛快お笑いドタバタ映画を勝手にイメージしてたのであるが、全くイメージどおりではなかった。



タランティーノはこんなにマジな映画も創りあげるんだ!と驚きだった。かなりの真面目な映画であった。



第二次世界大戦の頃、ナチスに殺戮や犠牲を強いられてきたユダヤ人達がナチスに対して、フランスの土地で復讐していくというストーリー。



ブラピ率いるユダヤ人のバスターズは復讐の為ナチスの人間達に対して非情なままに容赦なく徹底的に殺すことを計画し実行していく。自分達の民族を殺戮された復讐のために。タランティーノらしいというか、殺しのシーンはかなりエグかった。
私は痛いシーンは大嫌いなので、顔を手で覆い、あーだの、うーだの、きゃーだの声を出しながら指の隙間から見続ける始末。痛いシーンを観ると足の裏がキュっとなる。痛いのは嫌いだ。



バスターズの計画が簡単に遂行出来る訳ではなく、やはり色んなハプニングが起こる。途中ブラピのお茶目なシーンは会場で笑いが渦巻いていた。ほんの少しだけイタリア語を話せるユダヤ人のブラピがイタリア人になりすまし、ナチスが集まる集会に強引に潜り込もうとするのだが、、会場入り口ですぐに実はイタリア語堪能であったナチスの総督にバレてしまう。逆にイタリア語で話しかけられるが話が続かない。お茶目である。こういうのはタランティーノらしい。。





この映画を観るためにアメリカでかなりのユダヤ人が映画館に足を運んだそうである。年輩のユダヤ人が最後にブラボー!と叫んだりということもあったそうだ・・・




やはり民族的殺戮の恨みが根強く残ってるんだなと思った。



巷で流行ってるお手軽スピリチュアルでは、簡単に『許し』という言葉を使うが、自分の家族が殺されたら許すのに一体どれくらい時間がかかるのだろう。。仕返ししても意味がないのは頭ではわかっていても、復讐したい気持ちはやはり出てくるには間違いない。殺したい気持ちすら出てくると思う。傷ついたハートを癒すのに何年も何年も、死ぬまでかかっても何らおかしくない。




極限の体験を癒したり、恨みや復讐の負の連鎖を終わらせるのには、最後はやはり信仰というか、祈りしかないような気がする。




宗教が素晴らしいと言いたいのではなく、何か人間を超えた、この世から離れた超越的な存在が心の拠り所として人には必要だと言うこと。その存在と対話することにより、破壊的な怒りが少しでも鎮まり、負の連鎖を終わらせ、起こったことの意味を深め、自分自身の存在の意味をも深めていくことは不可能ではないと思う。




ちなみにタランティーノの母親はチェロキー系のネイティブアメリカン、父親はイタリア系でユダヤ人の血は入ってないらしい。


大虐殺されたネイティブアメリカンと大虐殺されたユダヤ人を重ね合わせてタランティーノが心の中でどう感じたのかは私にはわからない。




恨みや復讐等の負の連鎖はあくまでも映画や娯楽の世界だけ発散し、実際には続いてほしくないと願うばかりである。




負の連鎖は血や悲しみや虚しさが残るだけである。




もしもアトミックボンバーズ??というようなタイトルで、日本が某国に原爆を落としかえす映画でも公開されたらどうなるのだろう。
日本人の被爆者、戦争体験者は観て発散されるのだろうか?




いろいろ考えさせられる映画であった。
11




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ