2011/6/9

ジャパニーズヨーグルト  

クリックすると元のサイズで表示します

最近はまってるのが上記の写真の右側なんですが、
これ甘酒のペーストです。

祖母に作り方を教えてもらって。
甘酒ペーストにはまってます(笑)
祖母いわくもち米で作るとかなり甘みが増す
ということで、試してみたら本当に甘いですね。
お砂糖一切使わないのに物凄く甘いです。
祖母は昔から陶器のつぼというかカメというか
そんなので甘酒を作ってくれてました。
私はつぼは持ってないので炊飯器で。

祖母はこのペーストを薄めて甘酒として飲んでいます。
私は冷やしてペーストそのままでおやつにしています。
「そのままでは濃すぎるよ!」と祖母からは言われますが。


甘酒は栄養価が高く、甘酒には、ビタミンB1、ビタミンB2、
ビタミンB6、葉酸、食物繊維、オリゴ糖や、システイン、
アルギニン、グルタミンなどのアミノ酸、そして大量のブ
ドウ糖が含まれていて、甘酒に一番近いのは栄養剤として
の点滴だそうで。甘酒すごい。


栄養価も高いし、発酵食品なので喜んで食べています。


マクロビされてる方は甘酒を
甘味料がわりに使われたりされますね。
海外ではヘルシーな発酵食品ということで
ジャパニーズヨーグルトと呼ばれています。


江戸時代には甘酒の屋台が夏場に登場し
栄養補給や暑気払いに
当時の人々は甘酒を飲んでいたそうです。
俳句の夏の季語にもなっています。


アイスクリームにも出来るし、プリンにも使えるし
ケーキにも混ぜれるし、煮物につかっても美味しいし
甘酒は役立ちます。

モロッコ風のミントティと一緒に頂きます。
ベランダのミントが元気に沢山育ってくれています。
嬉しい!!














12




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ