2011/3/31

サクラの樹液  

クリックすると元のサイズで表示します

東北地方太平洋沖地震により亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
また、被災された方々、ならびにそのご家族の方々につきましても心よりお祈り申し
あげます。一刻も早く復興をお祈り申し上げます。


いやはやしかし政府と東電の後出しじゃんけんは凄い。
同じ日本人いや人間とは思えない。この期に及んでまだ後出しじゃんけんし続けるのか
と腹立たしい気持ちと悲しみが交錯する毎日だ。
人命を最優先すべきなのに、自分達の都合が最優先になっている。
放射能汚染においては政府や東電のの後出しじゃんけんに付き合ってるととんでもない
目に合うのは見えている。テレビなどの情報に惑わされず情報から完全受身にならずに
お互い自分達で情報交換して助け合ってなんとかするしかないのだと思わされる。
チェーンメールには要注意だとか言っているが、確かに早とちりの情報やデマも存在す
る。でもテレビよりはよっぽどマシである。市民達が現地の情報をやりとりし、生の声
が沢山飛び交っている。海外のメディアの情報も沢山紹介されている。日本のメディアは
あまりにも酷すぎる。結局最後は自分達の首を絞めることになるのに。
いくら上からの命令とはいえ、大丈夫じゃないものを大丈夫といい、大丈夫だと言ってた
のにやっぱり大丈夫じゃない危険だといい・・・・・
発展途上国の独裁政権よりもっと酷い。文明が発達して表面的な生活が便利になっただけだ。コンビニがあり、テレビがあり、車があり、トイレは水洗、家電製品・・・昔と比べ
ると時々海外にも行けて行動範囲を緩められた。少し豊かな奴隷になっただけだ。


物事には必ず表と裏があるが、便利なもの、美しいものには必ず醜悪な裏面があるのが痛いほどよくわかった今回の原発の人災被害だ。


誠に残念ですがこれから日本は本当に貧しくなるでしょうと発言したハーバードの教授がいるようだが、、多分そうなるのだろう。しかし貧しくなってこそ見えてくる本当に大切なものがある。戦後の団塊の世代の方たちが頑張ってくれたおかげで今の便利な世の中があるとは思うが、余計な遺産も沢山残してくれたなと正直思う。福島の原発は約40年前に作られ建てられた。40年前とは携帯電話もないテレビも手でチャンネルをまわすようなそんな時代だ。多少のメンテナンスはしてたと思うがそんな古いものをそのままにしておくなんて・・・今、手でガチャガチャとチャンネルを回すテレビを見ている人はどれくらいいるのだろう。きっと皆無に等しい。40年前の車の装備は現在とは比べ物にならない。そんな原子炉なのだ。それが現実。どう考えても明らかに人災だ。その余計な遺産の尻拭きをしないといけない若い世代の人たちが可愛そうに思う。



当分はぐっとこらえて我慢の日が続くだろうが皆頑張って乗り越えていくだろうと思う。
私達は生まれた瞬間から、銃口から飛び出して的に向かう弾のように死に向かって前を
向いて生き続けるのだから。









上の写真は自宅の近所の神社の境内内のサクラの木。樹液が固まって綺麗だったのでパチリと一枚撮影。サクラの木も樹液を出します。コスカシバという害虫に幹をかじられて傷を修復するために樹液を出してかさぶたを作ります。


今回の震災で傷付いた沢山の方たちの心に少しでも早くかさぶたが出来て元気を取りもどされるように願い、祈ります。
















12




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ