2010/6/16

全粒粉のちから  お野菜の料理

クリックすると元のサイズで表示します


全粒粉のちから



一日のうち一食は必ず全粒粉を摂取するようにしている。
便秘もなく、体の調子がとてもいい。



全粒粉とは、小麦の玄米のようなもの。



一般によく使われている薄力粉や強力粉は「ふすま」と呼ばれる表皮と胚芽の部分を取り除いている。それに対して全粒粉は小麦粉の粒を丸ごと挽いたもので、ふすま・胚芽に含まれる食物繊維・ビタミン・ミネラルを全て摂取することが出来る。
全粒粉の食物繊維と鉄分は薄力粉の3倍もある。



ちょうど全粒粉のことが発表されていた。


以下貼り付け

ハーバード大の研究チームによれば、日常的に食している白米の3分の1程度を玄米に置き換えるだけで糖尿病リスクを16%も下げることができる。また、白米を全粒粉に置き換えれば、糖尿病リスクは36%も下がるという

貼り付け終わり。



私は、チャパティやホブス(中東のピタパン)にして全粒粉を摂取するようにしている。
上記の写真の焦げ目のあるほうがチャパティで、ふんわりしているほうがホブス。
両方共に噛めば噛むほど、なんとも言えない素朴な美味しい味が口に広がり、毎日食べても全然飽きない。


ホブスは発酵させる必要があるので手間がかかるが、チャパティは生地を作って冷蔵庫に保存しておいて、食べたい時に取り出して簡単に焼けるのでお勧め。5分くらいで出来上がる。



サラダにもよく合う。ゴマのペーストをつけて食べてもよし、アルガンオイルにつけて食べてもよし、オリーブオイルにつけて食べてもよし、スープにつけて食べてもよし、
カレーにつけてもよし、要するに何にでも合う。
かなりお腹がふくれるので食べすぎも防げる。



全粒粉はとてもヘルシーで美味しいし、様々なバリエーションを楽しめるお勧めの食材です。



5




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ