2007/11/17

さよなら、台東!あたいら温泉にいくよ!  ★2007 台湾旅行

もう、朝の日課となったテレビ鑑賞。
病院さんのテレビ、白色巨塔。(白い巨塔)

クリックすると元のサイズで表示します
台東の駅前。先住民族の像。
クリックすると元のサイズで表示します
ずら〜っと並べて売られている、釈迦頭。
クリックすると元のサイズで表示します
窓からはのどかな田園風景。
クリックすると元のサイズで表示します
食堂のメニュー書き。もうすっかりおなじみのメニューだ。
クリックすると元のサイズで表示します
玉里野生動物保護區生態教育館の中の展示物。
この先の山奥に、ホントに熊も虎もいるらしい!

クリックすると元のサイズで表示します
果てしなく続く、一本道。おかあさん、まだ〜?
クリックすると元のサイズで表示します
宿の温泉はプールみたい。泳げるよ!
クリックすると元のサイズで表示します
桶をかぶって、ご機嫌のumi!
クリックすると元のサイズで表示します
先住民族の建物。木彫りがすばらしい!
クリックすると元のサイズで表示します
道もこんなにかわいい。民家からは薪でご飯を炊く煙が。
クリックすると元のサイズで表示します
あっと言う間に無くなった、魯肉飯。うまい!
クリックすると元のサイズで表示します
お菓子から生活雑貨まで、なんでも売ってるお店。
久松のオバアのまっちゃと似ている。

クリックすると元のサイズで表示します

INOCCHIとumiは、朝起きてすぐに白色巨塔を見る為、テレビを付
ける。もやは日課。しかし、1日に何度も放映されていても、進む
のは1日1話。さて、帰るまでに最終回を迎えられるのだろうか?

台東は今までのどの街より、何を食べても1番おいしいくて、その上
安い。人はみんな優しいし、宿もいい感じ!このままずっと、台東
に居てもいいよな〜っと思う位の居心地の良さ。いやいや、この
まま台東に居たら、ひたすら食べ続ける日々になってしまう。出発
せねば!基隆方向の鉄道沿いにある温泉を調べて、まずは瑞穂温泉
に行く事にした。情報では、山のふもとの静かそうな温泉で、原
住民であるアミ族やブヌン族の集落の近くにあるらしい。瑞穂の駅
から3.5kmとバスはあるけど、歩けない距離でもなさそうだ。

まずはバスに乗り台東の駅まで行く。沖縄では八重山で少し見かけ
るくらいの釈迦頭が、駅前で大量に売られていた。私は西表島で
始めて釈迦頭を食べたのだが、なんとも不思議なツルニュル感の
果物。おいしいが痛みやすくて商品にしにくいから、庭の木に実っ

たのを家で食べるものってイメージだったから、ビックリした。

電車に乗るとまた山の景色。どうも台東で気が緩み、だらけてしま
ったのか、いい景色なのにumiと一緒に寝てしまう。瑞穂の駅は
小さな駅で、駅前の道路沿いだけが賑やか。温泉の近くには飲食店
も無いかも知れないと、駅前の店で昼ご飯を食べて行く事にする。
さすがにもう、壁に貼ってるある漢字のメニューを見て、さっさと
決めて注文出来るようになって来た。米粉はビーフン、貢丸は魚の
すり身のお団子、排骨はでっかい豚肉がのっかってる感じ。
いつもどうり、炒飯、貢丸湯、排骨麺、水餃子。安くてうまい!

駅前の広場から反対側に3kmだと道を教えられ、3kmなら歩けるよな
と歩き出す。道はすぐに分かり、駅の反対側に出たら小学校。線路
沿いに小学生が書いただろうかわいい絵がいっぱい。そこから道は
一直線。少し歩いた所に”玉里野生動物保護區生態教育館”と書
かれた立派な建物があった。なんだろ?タダみたいだから、入って
みよっと!若い男前のお兄ちゃんが出て来て、どうぞどうぞと案内
してくれた。この一本道の先に見える、山奥に住んでいるらしい
動物の標本や足跡が展示してあり、鳥の写真を押すと泣き声が聞け
るパネルなどもあった。どうも学校教育ので訪れる施設のようだ。

私は旅先でよくこうゆう施設によく入る。説明を聞くだけで、何か
いつもいい事があるんだな。ある島では館長さんに昼食をご馳走に
なり、ある島では車で峠の先まで送ってもらったり・・・。今日も
案の定、私達が野生動物に興味があると思った施設のお兄さんは、
この保護区の野生動物の立派なDVDを2本もくれた。やったー!
しかし、話しを聞いているとちょっと恐い。この山の奥には鹿や
イノシシ以外に、熊や虎までいるらしい。

テクテク、テクテク、ただひたすらに真っ直ぐ歩くが何も無い。
umiがくたびれてブーたれるが、歩き始めたものはもう仕方が無い。
今となってはバスの時間も分からんもんね。道端で休んでいると、
暴走族風の車が近づいて私達の横で停まった。な、な、なに?
車と顔は恐いが、優しいお兄さんで、瑞穂温泉の前まで乗っけて
くれた。宿まで送ってもらって分かったのだが、私達はまだ半分位
しか歩いておらず、その上温泉近くはかなりの上り坂。あのまま
歩いてたら1時間以上かかっていた。しかも、私がうっかり車に
忘れたデジカメをまた戻って持って来てくれた。恐そうな兄ちゃん
本当に、ありがとうございます!

この宿は和室のドミトリー(1人300元)があると本に書かれていた。
あいにく週末で学生の団体が入っていて和室には泊まれない。1泊
2000元の部屋しか無いと言われ、ガビ〜ン!だが仕方ない。でも
まあこの宿、でっかいプールみたいな温泉が2つ、これまたでっか

い水風呂もある。umiとINOCCHIは温泉に浸かってあっつ〜!水風呂
に入っては、つめた〜!っと叫んで遊んでいた。裏はすぐに山で、
外を眺めると緑一色。伸び伸びゆっくり温泉に浸って気持ちいい!

一風呂浴びてから近くを散歩。この辺りはアミ族とブヌン族の集落
らしい。カナダに行った時に見たイヌイットの集落と同じような
木彫りの飾りなどを見かけ、先住民族ってどこかでつながっている
のかもな〜などと考える。アイヌの人達もそうだけど、顔もなんだ
か似通ってる気がするな。雰囲気のある集落で、お散歩が楽しい。
ガレージを改装したような食堂に入り、こらまた早い夕食をとる。
そぼろ丼のような魯肉飯がとってもおいしくて、umiにほとんど
食べられた。お母さんも食べたかったのに〜!

本日の出費 3164元   合計20419元  

コンビニでパン、飲物 125元 昼食 165元 夕食 135元
夜食用カップ麺、おかし、水 165元 宿泊費 2000元
交通費  台東→駅 バス代 22元×2人=44元
台東→瑞穂 電車代 212元×2人+100元=530元

taka's parlor のHP!

タグ: 台湾  



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ