2012/10/10

パーントゥの災難。  ★行事、お祭り、季節の話

クリックすると元のサイズで表示します
宮古島にはパーントゥという奇祭がある。
全身に泥を塗ったパーントゥが島尻の
集落を練り歩き、いや、走り回り、
厄除けの泥をだれかれ無く塗り回る。
このくっさい泥を塗られたら、今年も
一年安泰だ!って感じなのだが・・・

昔から、集落の子供達とパーントゥの
かけっこバトルはあったけど、最近じゃ
観光客(もちろん大人)など島外の人が
逆にパーントゥを追い詰めたり、倒したり
もっとひどいのは、後でパーントゥに
怪我させられたの、私には塗らないでと
言ってるでしょっと怒ったり・・・まさか?
ってもめごとが本当にあるらしい。

だいたい、この祭りは警備してる警察官
でさえ泥だらけにされるし、見に行って
とめてあった車や新築の家、出店のおじさん
やパトカーでさえドロッドロにされるわけ。

だから私は毎年のパーントゥようの合羽を
持っているわけで・・・umiは、毎年汚くなって
捨てる前の洋服を着せて行くのさ。

やっといよいよ、本題ですが・・・
今年のパーントゥ、北海道から友達が来てて
みんなで行きました。車を止めて歩き出し
そろそろ、パーントゥ出没地域に足を踏み
入れたその時、パトカーが目の前に止まった。

警官がパーントゥに駆け寄って???
この騒ぎ、パーントゥに泥を塗られた青年が
なんで俺に塗るのか?とパーントゥに詰め寄り
一緒に居た青年会の人が止めに入ったら、
青年会の人に殴りかかったとか?

なら、来るなよ!


にほんブログ村 旅行ブログ 離島旅行へ
にほんブログ村

taka's parlor のHP!




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ