2007/11/18

孫悟空の世界、太魯閣渓谷、天祥!  ★2007 台湾旅行

瑞穂温泉出発!
クリックすると元のサイズで表示します
瑞穂駅からまた電車に乗る。
クリックすると元のサイズで表示します
花蓮の駅は台東と同じく新駅で広々している。後ろには山の景色。
クリックすると元のサイズで表示します
太魯閣渓谷は、孫悟空がキントンウンに乗って出てきそうな
静かで美しい山奥。

クリックすると元のサイズで表示します
山と雲を背に立つ、黄金の像。
クリックすると元のサイズで表示します
立派なお寺。どうやって資材を運んで来たんだろう?
クリックすると元のサイズで表示します
今日のお宿。屋上からの景色は絶景そのもの。
クリックすると元のサイズで表示します
テレビが無いので、退屈な2人はトランプをする。
クリックすると元のサイズで表示します

昨日の夜、umiは7時、INOCCHIは8時に寝てしまい、なんだこいつら
と思っていたが、私も8時半には寝てしまった。お陰で3時過ぎには
目が覚め仕方なくテレビを付けると、日本の特番のサスケをやって
いた。しばらくするとINOCCHIも起き出し、2人でサスケを見ながら
「あっ!おしい!」とか「体操のお兄さんも出てるな〜。」とか
普通にテレビを見ている。でも、ここは台湾の午前4時。なんか変。

umiも起き出したが、まだ外は真っ黒。温泉入ろうか?入ろう!
ごそごそ、まだ濡れた冷たい水着に着替え、真っ暗な温泉に入る。
もちろん温泉には誰も居ないし、あったかいし、緑の匂いと虫の音
蛍まで飛んで来て、なんとも真っ黒な温泉はいい感じだ!

今日は台湾一の観光地、太魯閣まで行く。昨日の距離は到底歩け
ないので、瑞穂温泉から駅までのバスの時間は昨日調べてあった。
瑞穂駅まではバスでも数分だが、瑞穂から花蓮まで電車で約1時間。
花蓮からバスで太魯閣渓谷の天祥まで約1時間半と、結構な長旅。

花蓮の駅も大きな駅だが、ここも台東と同じく新駅で、駅の近くに
は何も無い。天祥行きのバスは2時間ほど待たなければいけないし、
近くをウロウロするが何もないので、お茶を飲んだ後、駅に戻って
バス停の広場で待つことにする。その間、幾台もの太魯閣周遊観光
バスが出発。天祥行きのバス代は155元だが、周遊バスは昼食付きで
800元ほど。バスツアーは観光名所数箇所でバスを降り、数時間で
花蓮に戻って来る。INOCCHIと私が大嫌いな団体行動のバスツアー。
しかし、バス停前で座ってるから、バスツアーの客引きに何度も
声を掛けられる。やっと来た天祥い行きのバスに観光客は皆無。
しかも、花蓮の街を過ぎると台湾の人達は全員降りて私たちだけ。
車内には運転手の趣味なのか、台湾語ユーロビート風の音楽が流れ
不思議な雰囲気。いいよ、いいよ!あたしらこんなん方が好き!

離島以外に台湾で行って見たかったのが山だ。台湾は大きさの割り
に高い山脈が立てに連なっていて、4000m近い山もある。本当は
阿里山の森林鉄道に乗って見たかったのだが、今回のルートとは
方角が違うので諦めた。なら台東からの帰りに道にある太魯閣に
行こうと決めていた。島巡りを切り上げたので、日程は詰まって
ないから、もしいいところなら、2泊しようと思っている。

そのあたりから景色がどんどん変わり、山道に入って行く。崖っ
ぷちの細いクネクネ道を、すごいスピードでバスは登っていく。
こんな道だとバスでも酔わないかとumiを心配したが、スヤスヤと
眠っている。太魯閣渓谷に入るといよいよ景色は山水の世界。
umiを起こして、見てみ!すごいで!あっ!孫悟空が居る!居るわけ
無いけど、本当にキントンウンが飛んで来そうな景色だ。着いた
天祥は、空気も清々しい山の上。つり橋の向こうの山の中腹には
大きなお寺が神々しく建っている。すごいな〜。来たかいあった。

まずは宿探し。まずは青年活動中心という所に行ってみるが、ドミは
男女別しかなく、ダブルだと4000元と言われ退散する。その横の
天祥天主堂に行ってみる。キリスト系の天主堂に付設した宿泊施設
で、私たちは無宗教だがまあいいか。部屋もかわいくて、何より
外に一歩出れば、山の景色が目の前だ。部屋から出たテラスみたいな
場所にテーブルが置いてあり、まずはそこでコーヒーを飲む。
屋上に登ってみると、これまたすごい景色。明日は早起きしても、
ここでずっと山を眺めていられるな。

一休みして、さっき見たつり橋の向こうのお寺まで行ってみる。
長い階段を登りきったところにいくつもの像やお寺が建っていて、
これを作った人はすごいな〜っと関心する。バスで来た道も、崖を
人の手で削りとって作ったのだろうと思われた。そう上、数箇所で
崖崩れの後があり、そこを回り込むように新しい道が作ってある。
すごい!山を背に立つ黄金の像も、七重の塔も神々しい姿だ。

さてもう休もうかと部屋に戻る。いい感じのかわいい部屋で私は
ここにもう1泊しない?と聞いてみるが、INOCCHIはテレビが無い
のを理由に明日帰ろうと言う。こんな景色でテレビ居る?居る!
と言ったのはumi。2人とも白色巨塔が気になって仕方ないらしい。

本日の出費 2664元 合計 23083元  

朝食 115元 駅のコンビニでお弁当など 230元 夕食 180元
おかし、水 220元 宿泊費 1200元
交通費  瑞穂温泉→駅 バス代 22元×2人=44元 瑞穂→花蓮
電車代 365元 花蓮→天祥 バス代 155元×2人=310元

taka's parlor のHP!

タグ: 台湾  



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ