◇ナガセ自動車 ☆じゃ〜まね☆服部半蔵。☆の試乗遍歴(^^♪ NO CAR ! NO LIFE !

サービスマネージャー 服部半蔵。の 元気の出る 絵日記帳 ですっ (^^)v
仕事柄 一日に何台ものおクルマを試乗いたしますので、その華麗なる(?)怒涛の試乗遍歴を 特に深い事は考えずに 放り込ませて頂こうと思います。

 
名古屋市中川区昭和橋通6丁目33 電話 052-361-6271 ナガセ自動車潟Tービス部ブログはこちら
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:服部半蔵。
続き。キ

バブル全盛だった頃 すでに 簗瀬会長は「今の状態は あぶく(泡)のようなもので 長くは続かない」とおっしゃってみえました。その頃は 会社も絶好調だったと思いますし 何を根拠に そう言ってみえたのかは、僕には解りませんけど その後 本当に経済は傾き 世間が「バブルが弾けた」と言い出した時 そのバブルの語源は 簗瀬会長の言われた「あぶく」なのかな、。なんて思っていました。 

やはり、仕事 と言うものには 実態 が必要だと思いますね。お客様が必要とされている商品(サービス)を 提供 させて頂き それ相応の対価 を頂く。お客様の側からみても、自分1人では 手におえないような事を それを得意としている人に 手伝ってもらい それ相応の対価 を支払う。勿論 自分も 手伝う側になる場合もあります。お互い 直接ではないにしても、回りまわって 売り手であったり買い手であったり、。人と人は お互い 人様や社会のお役にたつ 事がベースなのではないかな。お金や地位や名誉は その後についてくるものなのではないでしょうか、。そんな事を考えながら 仕事をさせて頂ける基本には 簗瀬会長から若い頃に聞かされた言葉 そんな事も影響しているかもしれません。しかし、その後 ヤナセも 紆余曲折 ありましたので、簗瀬会長もどのようにお考えになられていたのかは、知る由もありませんが、きっと、ご自分個人の名誉や財産の事よりも 社員の方々や 世の中への貢献 を 第一に考えられていたのではないかと思いますね。

僕が今でも 簗瀬会長の言われた言葉で 心に留めている言葉があります 「良い時に 慢心 する事無く 良くない時にこそ 勇気を持って 邁進 せよ」と。

今の僕にとっても、自動車殿堂の簗瀬次郎氏 の言葉を聞いた って事は 誇りになっていたりします。

投稿者:服部半蔵。
ドヂくん おはよぉ〜(^_^) って、コメントもらってから 一週間すぎちゃってますけど、。(~_~;) 本当に 一週間 早いねぇ〜 (~_~;) って、良い訳してますけど、。今日は 朝から雨だし ちょっと のんびりしています。(^^) 

簗瀬次郎さん死去のニュースには 僕も ショックでしたよ。91歳だったって事は、僕が社会人になった 25年前は、66歳ぐらいだった って事かぁ〜。それはそれは、ダンディな紳士 でしたね、。その頃に聞いた講演で「社会人一年生になったんだから 今年一年は 友達との遊びの縁を切って 仕事に没頭してみろ!」と言われた覚えがあります。その時は 何言ってるか意味が解らなかったんですが、今になって、自分も もし社長だったら 若い人達に 同じ事を言いたいかもしれない、。と思ったりもしています。長い人生なんだから、一年ぐらい そんな一年があったっていいんだぞ と、。今になって 少しは解るかな、。

簗瀬会長は ご自身が 慶応の学生であった当時から 芝浦の整備工場で 油にまみれて働いていらしたので、自動車の販売会社にとって サービス部門が 最も重要であると言う事を知っていました。この油にまみれて の話は 本当に当時 簗瀬会長と一緒に芝浦で働いていた事のある 名古屋の内装職人の親父さん(故人)から 僕も聞いていたので、けっして 作り話ではなかったのです。今の僕と同じ年齢ぐらいの頃には すでに全国に販売網を構築されていた基礎には サービス部門の充実があった事は 間違いないのではないかな、。


続く。
投稿者:ドヂくん
梁瀬会長が亡くなってしまいましたね。もう91歳だったんですね。ご冥福をお祈りします。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ