2010/3/28

^別府市自立支援協議会当事者委員増についての市との協議報告  活動記録

 一昨日3月24日の別府市障害者自立支援協議会への当事者委員の選定について、別府市障害福祉課との回答協議に参加された皆様、お疲れ様でした

 以下に、当日の簡単なご報告をさせて頂きます。
 尚、障害福祉課からの正式な回答は、4月中を予定しております。

 障害福祉課からは、岩尾課長さんと長谷目さんが対応してくれました。また、別府市議の萩野議員と荒金議員にもご参加頂き、各団体からも当事者とスタッフ合わせ20名を越える方々にご参加頂き、とても内容の濃い議論の場となりました。

 内容としては、冒頭、大林さんの方から、現在、内閣府に設置された障がい者制度改革推進会議で当事者がどのように係わり議論が行なわれているのかという話しをして頂き、協議に入りました。

 当初、障害福祉課からは、「2名程度の当事者を考えている。それ以上は現状としては難しい」というお話しがありました。

 これに対し、当事者からは、「要望通りの6名(肢体不自由・視覚・聴覚内部、知的、精神)を、今、委員に選定しなければ、次回を待っていたら空白期間ができてしまうので、定員20名を26名にして対応して欲しい」という意見があがり、これに対して障害福祉課からは、「聴覚障がいのある方への合理的配慮として、会議での手話通訳や要約筆記等による意思伝達が難しい」ということも理由に挙げ、なかなか難しいと言うことを話されていました。

 また、当事者からの「委員報酬はいらないので、委員として会議へ参加できなか?」という問いには、岩尾課長さんの方から「他の委員の方との平等性に欠けるのでできないと考えている」というお答えがありました。

 協議の後半、萩野議員からは、「これだけ多くの方々から要望があることは無視できない。定数20名のうちの半数は国の取組み状況を考えても当事者が入ることはあってしかるべきだろう。要綱の改定や予算については補正予算を考えても良いのではなか。現在、知的障がいのある方々も自分たちのことは自分で決めると言う会議を行なっているので、合理的配慮についても大丈夫なのではないか」というお話しを頂き、荒金議員からも「当事者の方々の協議会への参加は当然のことで、市議会の厚生労働委員会でも議論をして、問題があればみんなで解決できるよう考えていきたい」というお話しも頂きました。

 結論は、この場では出ませんでしたが、「障害福祉課としては、当事者委員が協議会に入って頂く事は反対や異論は無い。委員定数を増やすための要綱の改定や予算も考えてみたい」という岩尾課長さんからの話しを一応、聞くことができ、終了したという感じでした。

 「人事を尽くして天命を待つ」というところですが、是非とも我々が要望した事柄が少しでも届いてくれることを願います。

 明日、3月27日(土)には、「障害者自立支援協議会の理解を深める研修会」が、別府市社会福祉会館で開催されます。
 当センターからも多くの当事者が参加し、内容をしっかりと聞いてきたいと考えています。


 大まかなご報告となりますが、24日に参加されたみなさまからも補足があれば加筆をお願いできればと思いますので、何卒、よろしくお願い致します。

 では、乱文失礼致しました。

--
NPO法人 自立支援センターおおいた
 河野 龍児(かわの りゅうじ)
【人を信頼し、信頼される努力家世界一】
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ