2008/3/2

2008年度大分県障がい者施策要望への回答(そのX)  活動記録

2008年度大分県障がい者施策に関する要望への回答
[要望17.〜要望19.]

平成20年2月22日
大分県障害福祉課


 17.公営バス・民営バスの利用にあたり、ノンステップバスの導入をすすめるよう指導を強めてください。また国からの財政支援も十分に行なうよう要望してください。
(回答)【総合交通対策課】
 おおいた県内には、低床型バスが平成19年7月1日現在88台(全登録台数の12.8%)導入されていますが、ノンステップバスがワンステップバス等に比べて高価な上、路線バスの収支状況が大変厳しいことから、バリアフリー新法の基準に完全に適合したノンステップバスは一台も導入されていないのが現状です。
 県では、ユニバーサルデザイン推進の取組みの一環として、バリアフリー新法の基準に適合したノンステップバスの導入をバス会社に働きかけており、平成19年度に本県で初めて、大分バス(株)と大分交通(株)が「地方バス路線維持費補助金」を活用してノンステップバスを各一台ずつ導入する予定です。
 また、県では、平成20年以降についても「地方バス路線維持費補助金」だけでなく「公共交通移動円滑化設備整備費補助金」も活用しながら、計画的にノンステップバスの導入促進を図る予定であり、合わせて、国に対しても補助制度の拡充と所要額の確保を働きかけて行きたいと考えています。
 

18.交通運賃割引制度を拡充するよう、JR・民間鉄道事業者の指導を強めるとともに、国としての財政支援を行なうように要望してください。とくに次の項目を早急に実施するようにしてください。
@精神障がい・てんかん・難病などの患者・障がい者を割引の対象にしてください。
A100キロ制限を早急に撤廃するとともに、特急・寝台料金も割引の対象としてください。
B航空運賃の割引は障がい者に対する割引率を五割に引き上げるとともに、12歳未満の障がい児を介護する者にも割引を適用するよう指導してください。
B JRの指定券を旅行事業者の窓口でも購入できるようにしてください。

(回答)【障害福祉課】
障がい者に対する交通運賃割引制度の拡充につきましては、国に対して要望しています。


19.車椅子や体の不自由な人のため、段差解消など投票所のバリアフリー化と投票記載台などを改善し、障がいをもつ人が投票しやすくしてください。
(回答)【市町村振興課】
 投票所のバリアフリー化については、歩行の困難な方や高齢者の方に配慮して段差の解消や車いす用記載台の配備を進めるなど、障害を持つ方が投票しやすい環境を整備するよう、引き続き市町村に対し助言していきます。
0



2008/4/6  11:10

投稿者:OTO

お隣の福岡県の公共交通のバリアフリー化。

鉄道駅は約280駅あり、そのうちエレベーターが設置されている駅が103駅あります。
設置率は約36%です。

主な市の路線バスやコミュニティバスはノンステップバスで車いすでも乗れるようになっています。
大分のようにコミニティバスに普通のツーステップバスを使用している都市はありません。
バリアフリー法が分っていれば当然なのですが
大分ではバリアフリー法を理解されている方(
市町村の担当者)がほとんどおられないのでしょうか?。
本当に恥ずかしい事ですね!。

2008/4/5  6:57

投稿者:OTO

大分市内の車いすユーザー宿泊可能な施設の現状。

現在、大分市内には「車いすでも宿泊可能なビジネスホテル、ホテル、旅館は市中心部に18
ほどあるのですが、2つの施設しかないようです。
昨年9月にオープンしたビジネスホテルには、
無いそうです。

バリアフリー新法では、50室以上の旅客施設には1室バリアリーの客室を設ける事は義務化
されているのに?と思い法律を読み返したら、
法律施行時に計画されている施設は対象にならないと、しっかり抜け道がありました!!。

日本のこの手の法律は、巧妙に抜け道があつて笊(ざる)法になっています。

ゆうするに、法律を守りたい人は守って下さい。守りたくない人は無理してやらなくても良いよ!と言うのが実態です。

でも、半年後の国体の時に来県される車いすユーザーの選手や応援の人達は不便を強いられるのて゛すか?。普通の客室に押し込められて何日か不自由な事になります。

20−30年前ならば、まー仕方ないでしょうが21世紀の現在でも大分の現状は30年前となにも変わっていないと言うことです!!。

2008/4/3  9:51

投稿者:OTO

人にやさしい公共交通とは。
鉄道で言えば、車いす単独乗降りできる駅です
、現在、もっとも先進的なのが福岡市営地下鉄の七隅線の16駅です。
次が、JR九州(株)のEVが設置されホームが嵩上げされて、車いすでも単独で乗降り可能な駅です。
残念ながら大分ではJR亀川駅の2番、3番ホームだけです。
JR別府駅にもEVは設置されていますが、ホームは嵩上げされていないために完全なバリアフリーとは言えません。
福岡県内のJRの駅は40駅ぐらいが完全にバリアフリー化されています。

主な駅がバリアフリー化され、駅から街中の主な施設までノンステップバスの路線があって歩道がバリアフリー化されていて、「ひとにやさしい街」と言えるのではないのでしょうか。

大分市も早く「ひとにやさしいまちづくり」を推進してもらいたいものです。

「日本一きれいなまちづくり」よりも「ひとにやさしいまちづくり」の方が重要だと思うのですが、・・・・市長さん!。

2008/3/31  15:45

投稿者:OTO

駅のホームの嵩上げについて
別府駅は車両内にステップのある「にちりん」
などが停車するために嵩上げできないと言う事になっていますが、小倉駅の5番−6番ホームはホームに傾斜をつけて対応しています。

特急「有明」ステップのある車両の停車する6番ホームと普通の低床電車が停車する5番ホームの間に傾斜をつけて5番ホームの段差を解消
しています。

小倉駅と同じ方法で嵩上げ工事を行えば可能だと思えるのですが。

この半年ぐらいに、大分県内の駅4駅が嵩上げ
工事されで車いすでも単独乗降が可能な段差になっています。

亀川駅−大分駅間は車いすの利用者も多く、駅員の方に介助されなくても単独で乗降り希望の人も多いのではないのでしょうか?。

福岡市営地下鉄のように介助を希望される人には介助するが、単独でも乗降りが可能な人は単独乗降が可能なように利用する側が選択できるようにならないかと考えています。

ただし、この場合には事故が起こった場合は自己責任です。
けっしてJR側に責任があると言わない事です
自分で選択できると言う事は、自己責任も伴う
ということです。

2008/3/27  12:05

投稿者:OTO

福岡県と福岡市の取り組みについて
福岡県はH.8年3月28日に「福祉のまちづくり条例」を制定されています。

福岡市はH.14年4月5日に「交通バリアフリー基本構想」を策定。
現在、JR、市営地下鉄、西鉄電車の鉄道駅58駅にエレベーターが設置されバリアフリー化されています。
大分市は「0!!」です。
人口が3倍と言うことを考慮しても、大分市のバリアフリー化に対する姿勢がまったく感じられません。

大分市は最初からバリアフリー化に取り組む気がなかったのなら「基本構想」なんか策定しない方が良かったのでは?。
典型的なお役所仕事でなのでは、形だけ「やっています」なのですか。

ちなみに人口20万人の佐賀市では「交通バリアフリー基本構想」は策定されていませんが、今年JR佐賀駅にエレベーターが設置されていますし、市営のノンステップバスも運行していまいす。
道路のバリアフリー化にも積極的に取組まれています。

九州の県庁所在地の都市の駅でバリアフリー化されていないのは大分駅だけになっています。
ここままいったら何年後になるのでしょうね。
JR九州(株)さんは、おそらくどんどん先延ばししてくるのではと危惧しているのですが。


2008/3/25  14:13

投稿者:OTO

大分市と福岡市と熊本市の「ひとにやさしい街づくり」の違いについて

大分県は「福祉のまちづくり条例」を平成7年3月に策定しました。
ほぼ同じ月に熊本県でも同じ「条例」策定されています。
前の知事がなにがなんでも「九州で一番に」との思いから熊本県より何日か早く制定されました。
前知事が、ちょうど九州知事会の会長をされている関係で後先考えずに制定されたのではと私は思っています。
目的が知事としての「面子」だったのでは?、その後、バリアフリー化に対する具体的な取り組みがなかった事からも伺えます。

熊本県では、その後知事に福祉の専門家の潮谷知事を招聘され、先日もOBSの放送で紹介されたように日本でも有数の「ひとにやさしい街づくり」を推進されています。

大分県も広瀬知事が推進されていますが、前知事の8年間の不作為がたたって、ほとんど日本でもバリアフリー化の進んでいない県の状態です。
悲しいを通り越して情けなくなります!。

ただ一つの光明は、別府市のバリアフリー化の取り組みが現在もっとも先進的な方法で進められていることです!!。

2008/3/15  13:27

投稿者:OTO

別府駅・西口に公衆トイレが出来上がり、今日から使えるようになります。
中央に多目的トイレ、両側の男女のトイレにも
車いすでも使用可能な広いブースが設置されています。
これは大分県では最初になります。
先進地ではあたりまえになっているのですが、大分でも、やっと(交通バリアフリーのガイドライン)で推奨されている設備されました!。

別府駅の西口広場は現在の交通バリアフリー法
に準拠して整備されているので、使いやすい広場になっています。

ほかの市町村の土木関係者も視察されてはいかがですか。

2008/3/13  12:20

投稿者:OTO

バリアフリーな社会(私の夢
ステップ1
 歩道のバリアフリー
別府市内は整備されているが、中心部から外れたら段差が多いが、別府市以外の都市に比べけば格段に進んでいる。
特に大分市の歩道は、車いす使用者から見たら話にならないぐらい酷い状況だ!!。

ステップ2
 公共交通(路線バス)
 別府市の場合は市内を循環しているリフトバスが運行されていますが、これも厳しく言えば12年間、台数、時間、路線はまったく変わっていません。
 20年ぐらいで更新されると思われますが、その時にノンステップバスになるのではと考えています。
 大分市は今年導入されるノンステップバス2台の路線を固定して車いす使用者でも利用できるように考えてもらえるように、県の総合交通対策課にはお願いしているのですが、今でも低床バス(バリアフリー対応)が40−50台走しっているのですが、ご存知の通り路線が固定されていないために(低床バスの時間や路線が
バラバラ)車いすでは利用出来ない状態が続いています。
 恥ずかしい事ですが、これは大分市だけのようです、(県庁所在地では)県もようやく重い腰を上げてもらえましたが、やっとやる気のある県職員が担当者になったことが一番大きな要因だと私は思っています。
 本当はそんな事では困るのですか゛、現実は人の要因が一番大きい。

ステップ3
 都市間の公共交通(大分で言えばJRや高速バス)
 今年中には中津駅、大分駅・豊肥本線、久大本線がバリアフリー化されますが、一応大分県のJR駅のバリアフリー化は終わります、あとは地元のどのような形で要望するかにかかってきます。
 何も行動しなかったら、新駅でも開業しないがぎり大分県のバリアフリー化はこの先何十年も変わらないと思います。
 
 JR九州(株)は九州新幹線などのドル箱路線の方に力を入れているので、大分駅などはどんどん後回しにされています。
 企業だからしかたないのですが!。
 

2008/3/12  17:14

投稿者:OTO

今朝の毎日新聞に佐賀交通局にノンステップバスが2台新しく導入されたとの記事がありました。
佐賀交通局は3年後までに国の目標30%を達成するそうです。

人口20万の佐賀市ですら頑張っているのに人口が47万人になろうかと言う大分市が2台とは!悲しくなりませんか。

高齢者や障害者がいつでも好きな時に街に出かけられる社会環境をつくるのは行政の仕事だと思うのですが、「高速道路(命)」が大切なのですか??。

立派な「高速道路」が出来ても若い人達は福岡
へと出て行く、高齢者だけの大分県になるのではと心配しているのですが。

高齢者や障害のある人達が乗るのが楽しくて、楽しくてしかたないと言えるような都市交通をなんとかするのが先だとは思いませんか!。

富山市のLRT(路面電車)などを大分市は真剣に考える時だと思うのですが。       
10年後、20年後を考えた時、このまま手をこまねいていたら超、超高齢化社会になるのは目に見えています。

>

2008/3/9  12:08

投稿者:s.dai

OTO様
最新の情報とご提言有難うございました。
切実で貴重な提言ですので、福祉フォーラムMLとグレートバリアフリーMLに転載させていただきます。ご了解ください。
障大協・大林

http://www.coara.or.jp/~october

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ