2013/10/3

居場所にて候・・・。  

本日の妄想であります。





子どもたちの「居場所づくり」という、
各小学校で行われる集いがございます。

もう少し年上の若い人たちに向けた
「居場所づくり」も、また、退職した
大人たちのそれもあるように聞きます。

居場所がない時代
なんでありましょうか。


物理的な空間だけをさしている
わけではありませんものね。

つまりは、自分の意志によって
ある目的に心から
向合える時間であもある、
観念としての居場所・・・・。


総じて、この時代は居場所を
見つけるのが難しいのでありましょう。

ときどき、、
自分の居場所がないな〜
なんて感じること、ありませんか。

でも、多くの場合、気づかないだけで、
実は、あるんですよね「居場所」は・・・。


西行さんや、山頭火さん、放哉さんも
放浪の旅の中に居場所を持っていたと
想うんです。


深まる秋の色、山の稜線、月の灯火、
虫の声にも、感じていたのでは
ないでしょうか。


日々いろんなことに
とらわれがちな私たちですが、
少しだけ気持ちを開放できたら、
そこに居場所が見えてくるものと
信じているわけであります。






誰にとっても、
変わらない心から
居場所と思えるところ、

それがさくらんぼであります。


いつでも遊びにいらしてください。

お待ちしております!



ありがとうございます。




0



2013/10/5  18:52

投稿者:さくらんぼスタッフ

O様、いつもありがとうございます。
私の思う居場所は、現実のグループ
というものよりも、もっとメンタルなもの
のような気が致します。
何か特定の集団や空間ではなく、
個人的な「何か」では・・・・。

日々妄想が続く「秋」」であります。

どうぞ、これからもお付き合い
いただきたく、お願い申し上げます!


ありがとうございます。

2013/10/5  13:02

投稿者:岡田 信子

何時も、K様のご意見と云いましょうか、いわゆるご妄想に別意見を書いて申し訳ありませんが、要するに、女性がつくりたがるグループのような物で、それを居場所と言うならば、居場所を意識的につくらない様にしています。思った時に思ったように誰とでも、お話が出来るような状態でありたいと、いろいろな拘束をさける意味で・・・、長年の女社会を体験してきた一員として、そうしています。サクランボさんのスペースはある意味では私の居場所かも知れませんね。気楽で心地よいスペースといえます。近かったら、毎日でも屹度行くことでしょうね。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ