2012/6/18

平成「価値観」考・・・  

まさに梅雨であります。

自然界にとって大切に潤いの時
ではありますが、どうにも湿度と
温度が・・・・つらい。

まだこれから気温が上がるでしょうから、
みんなで「蒸し餃子の気持ち」になって
みるのも一興かも知れません(笑)。

さて、早々とお中元の話題が聞こえて
くるわけですが、ふと、昭和懐古主義k
の心に蘇ってきたお話を。


お中元もそうですが、贈り物として「有り!」
な商品でも自宅用としては「無し!」なんていう
仕分けが、悲しいかな身体にしみ込んでいるんですね。



代表的なものがこれ。


クリックすると元のサイズで表示します


そう、ゴーフルであります。

頂き物として、食した記憶しかありません(笑)。
=これ、わざと上と下を剥がして、
     食べたりしましたよね=

これは一例ですが、ハムの詰め合わせ、
高級ジュース、木箱入れ果物シリーズ、
ブランドタオル類etc・・・。

なんでしょうね、気持ちの中に
それは買うものじゃない(笑)と、
勝手に思い込んでしまうんでしょうか、

=いや、そもそも私だけかもしれません=


そうした勝手な識別のもと、ハードルがぐっと
さがったものとして、



クリックすると元のサイズで表示します

魚肉ソーセージが、哲学的問いかけをしてくるんです。

赤いコスチュームを歯でちぎって
ダイレクトにいただく(笑)!

しかし、これは彼らに対して
本当に正しい向合い方なんだろうか。


だって、某有名ウインナーたちは、
フライパンでこんがりと焼かれ、
ちゃんと「料理」されてから食されるわけで・・・。
ときには多彩な料理の一員として加わり、
お弁当に至っては「不可欠な存在」として
君臨しているのですから。

それにくらべて、魚肉ソーセージは、
なんとも所在無げではありませんか。

料理するのかしないのか、
そのまま手で食べるのか、皿に移されるのか、

これも、つまりは原体験からくる
刷り込みなんでしょうね。

ゴーフルも魚肉ソーセージも
それぞれのつき合い方が、
どうだったかで変わってしまうんです。

最後に、サバ缶なんですが、
これは缶のまま食べると「赤色エレジー
ですが、ちゃんと盛りつけたら「Oh Happy Day」になります。



つまるところ、価値感とは、個人の
体験とステータスで
決まるということなんでしょうね。

だとすると、今度生まれても

「僕が僕である限り、
  同じことのくりかえし♪」
         となるのです・・・。












ねこちゃん缶詰一つがサバ缶3つより、
高くても、わんちゃんの合羽が
ビジネススーツくらいしても、
自分を卑下することなく、

感謝の気持ちを忘れずに
生きようと願う月曜の黄昏であります。


「ごはん少しなのに、お茶漬けのりを
    2袋つかってやったぜ〜」
       「ワイルドだろ〜」

 
・・・・。




さあ、明日も一日ワイルドにいきましょう。

「さくらんぼでまってるぜ〜!」(笑)


ありがとうございます。
1



2012/6/22  13:13

投稿者:さくらんぼ スタッフ

o様、ゴーフルに代表される「頂き物」文化は、
昭和ならでは趣きですよね。
また、宅配便が今ほど浸透していなかった頃は
盆暮れの風景として、風呂敷包み抱いた大人たちを
よく見かけましたね。


いつもながらありがとうございます。

2012/6/19  20:58

投稿者:岡田 信子

若い頃は、ゴーフルをよく戴いた物なのですが(おやつ)に食べて居たのを思い出しています。ハムやタオルなども重宝していました。魚肉ソーセージは存在を知らずにいました。最近になって大変重宝しています、魚介類は、自分的には苦手なので、海の蛋白源として利用しています。斜めに切りフライパンで、卵を使ったりして・・・。
サバ缶は未だに少々抵抗があり使っていません。時として、自分はパスしていますが、土生姜を沢山目に刻んで甘辛く煮て食べさせています。DHA,EPAが含まれているので将来的には、頑張って食べなければと思っています。今まで絶対しなかったのに最近やり始めた事は少ない御飯にお茶漬けのり2袋を使ってサラサラと・・・。炭水化物自体をさけていたのに、すべて何もかも感化されてしまった!有難うございました。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ