2011/12/27

まだ残る紅葉に思う・・・。  

今日も寒い一日となりました。
天気はよかったのですが、
じっとしている鼻が冷たくて
痛く感じるほどでした。


さて、京都の紅葉シーズンは
とうに終わったわけですが、
嵐山にほど近い古い寺院にて、
落葉せずに残っている幾本かの
それを見ることが出来ました。

ご縁あって、老師と、104歳の老師のお母様お二人が
住んでおられるその広大なそのお寺の
落ち葉掃除にあがったんですね。

驚くほど広すぎる、誰もいない・・・。


ご一緒した和尚と共に、
ブロアー(エンジンのエアー吹き出しの機械です)

片手に「イケー!」

和尚御年67歳。私○歳(比べると若造也)より
ハワーあるんです。

で、朱色のジュータンを吹き上げると
見事に苔むした緑のジュータンに
早変わりとあいなります。はい。

きれいですよ。


そうして夕方には幻想的な緑の境内と参道、
季節が一気に変わったような感覚でした。


落ち葉の総量はものすごいことになりました。
簡単にいうと「山」ができました。

仏門では、掃き清める作業を作務と申すそうでして、

サム空の下、サムエを着ずに、作務をする。

心が少し、豊かになったかも知れません。

腕が痛いですが・・・。




隊長の歌を。





さあ、明日も一日
元気にいきましょう。


年末の大掃除の後も、
みんなで、さくらんぼに
歌いに来てくださいね。


お待ちしております!




ありがとうございます。












0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ