2011/8/31

ピンチにこそ・・・。  

こんな感じから・・・。






こうして、様々な原風景を
みせてもらうと、この国の
美しさは「人」と「自然」
の織りなす伝統美だと
つくづく感じます。


どじょうの心意気、
原風景とともに、
民の心に届くや、如何に・・・。





本当に抜き差しならない
状況にあると、
私ごときも痛感する次第ですツ、

絶対的なピンチを前に、
それでも歩いていくより
他にないという意志ツ、
これもまた、本当に今、
問われていますよね。



こちらにはもう何度も
書かせていただきましたツ、

どんなときも「笑うこと」=笑顔と
「歌う」=音楽を聴&奏でる&
鼻歌が自然にでることが
起死回生のキーワードだと
思うんです。

誤解されそうですツ、
この2つの事柄をもし、
消し去ったら、どうでしょう。

人との関わりや自然と触れ合う
こと、仕事や遊びすべての
「日常」が枯渇してしまうように
思いませんか・・・。


だから、カラオケの醍醐味は
とても奥深いのだといえるのでは
ないでしょうか。

歌は心の原風景でもあるのですから。



谷山浩子「おやすみ」を。








明日も一日、元気にいきましょう。

いつもありがとうございます。






0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ