2018/2/3

週末はさくらんぼへどうぞ!  

無のつく誇るべきことは、
無遅刻、無念無想、無我夢中?

では無がつく恥ずべきことは、
無責任、無関心、無慈悲、無計画、etc…。


出るわ出るわ、いくらでもありますよね(笑)。


今日は節分です。
追うべき鬼の正体はもしかしたら、
こんな「無」なのかも知れません。
福を招く、それは無から脱却なんでしょうかね。







さあ、唄って福を、そして春を
招きましょう!

皆さんでさくらんぼへどうぞ。


スタッフ一同、
心よりお待ちしております。



ありがとうございます。




☆二次会、デート、プライベートタイム…、
カラオケ・スペースさくらんぼでどうぞ。
075-645-1571まで、
お気軽にお問い合わせください。



=========================
カラオケ・スベース・さくらんぼ

京都市伏見区深草西浦町6-61-11

お電話番号  075-645-1571
=========================






0



2018/2/4  20:24

投稿者:さくらんぼ スタッフ

まだまだ寒いですよね。
春を待つという気持ちには、どこか切なさがあるものでして、人生の出会いと別れ、遠く過ぎた時代や人の面影が過るのであります。
歌の中にそんな想い出が顔を出して、
懐かしくも切なき「春」が蘇るのでしょうね。

いつもありがとうございます

2018/2/4  14:12

投稿者:岡田信子

松任谷由実の(春よ来い)一年後輩の同じ職場のカラオケ仲間の十八番です。この曲を何時も歌っていた。私は浜田省吾の曲を中心に何曲かをレパートリーにして居た頃を思い出します。懐かしく卒業して二十数年たちますが疎遠になって終っています。昔懐かしい一曲有難う御座いました。

2018/2/3  18:04

投稿者:岡田信子

春よ来いのこの曲を聴くと、ウルウルして終います。同じ職場の後輩とカラオケを始めたとき、何時もこの歌を、歌っていました。彼女のおはこだったと思います。いろいろ力仕事や、思っていたことを片づけて、来週からはジムへ行けそうだけれど、雪は降らないで欲しいと願うばかりです。

2018/2/3  14:58

投稿者:岡田信子

わが家の沈丁花はまだ蕾が膨らんだばかり、北側のガレージの隙間に置いているから、一日30分ほどしか日が当たらない。門扉とドアーの間の植木は日陰でも育つ鉢植を置いている。朝から鉢の総入れ替えを行った。ガレージは、30年来借りている場所に追いやって緊急しか入れない。

2018/2/3  13:29

投稿者:岡田信子

最近情緒深さも無くなり今日が節分であることさえ気が付かない、買い物に行って昨日春一番にとれる、明石のピンピン撥ねている小エビをみつけ大豆と金時ニンジンを入れて佃煮を作ったので、当分一品考えなくて済むなんてことを考えていたら、最近の恵方巻もリッチになって色んな具材を入れた太巻きの恵方巻が出ていた。これで、野菜にドレッシングかけたら夕食は出来上がりだな!愚妻の典型的な代表となるのです。私はもうとっくに卒業したし好きに生きるべし・・・。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ