2016/9/30

唄の色・・・。  

青と白のコントラストが夏なら、
赤と黄色のそれが秋でしょうか。


今、その狭間で鈍色の世界が
広がっております。
まるで、水彩絵で筆を洗う
水のようではありませんか。


それでも、どこか、心落ち着く
移ろい劇なんですね。



空の向うでは、
鮮やかな次の絵の具が
まっておりましょう。











唄の彩りは、
さくらんぼでどうぞ。

週末は、
皆さんでお越しください。


ありがとうございます。




0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ