2010/12/30

冬の街にはこの曲も・・・  黄昏音紀行




ポールモーリアの「恋はみずいろ・オリーブの首飾り」を・・・。

マジックのBGMではありませんよ(笑)。


地下街、スキー場。空港、etc・・・
よく流れていた曲です。


打ち込み(コンピューターでプログラムする)ものとは違い
演奏するプレーヤーたちの「人間力」の結集のようで
やはり魅力ありますよね。


次はスティービーワンダーの「A Place In The Sun」を。



こちらも好きな曲です。

R&B、ラグタイム、デキシー、
どれも「海の向こうから来た」
素敵な音楽。

私見ですが、日本のリズムは
表打ち(炭坑節やその他)で
もみ手が入る「合いの手」、
向こうからきた音楽は、裏打ち
(一拍おいてうつ)が基本
のように感じます。

この曲も自然と
裏打ちになって、
音楽といったいになれる
心地よさがありますよ。




それでは恒例、泉谷しげるの一曲を






さあ、
明日一日、がんばっていきましょう。


ありがとうございます。


☆長野さん、山頭火の言霊、
今も鮮やかな印象を与えてくれますよね。
時代が進むほど、痛感してしまいます。








3




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ