2016/5/30

道具箱を探して・・・。  

針金とペンチ、釘、そして金槌、
古いものも、新しいものも、
その他諸々といった「道具箱」が
昭和の家々にはあっと記憶します。




また不思議なもので、
そうした道具箱からは
ちょうどいい「もの」が
よく見つかったんですね。



凸凹をならす「かまぼこ板」も然り、
ちょっと補修するにもうってつけの
古釘・・・。



タールのにおいがする物置小屋は
まさにワンダーランドだったのであります。







思い出の道具箱
心にもあるますよ。


今の気持を補修する?なら、
好きな歌を思いっきり唄うこと。


さくらんぼはいつでも
皆さんのお越しを
お待ちしております。




ありがとうございます。




0



2016/5/31  18:01

投稿者:さくらんぼ スタッフ

そうそう、昔は、細長いスチールの箱が多かったですよね。
道具箱から紡がれた日常、人間模様、そして人生。
時々、思い出してみるのもいいかもしれませんよね。


ありがとうございます。


            合掌

2016/5/30  18:54

投稿者:岡田 信子

わが家の道具箱も最初はスチール製の細長い道具箱でしたが年月とともに大きくなり、今や仕事はしないのに大きなプラスチックの物入れボックス化してしまいました。心の中も肥大化し何でも相談屋になっています。良し悪しは別として、賑やかな世帯も悪くないなと・・・思って居る。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ