●詠み:【冬扇】 椙杜親水   ●撮り:【堂仙 Kit.】 ●奏で:古典尺八:【虚堂】古代ぶえ「天吹」:【竹酔庵 龍孫】

 

【中秋の名月】=2010年代最後の"満月"を愛でた  〜ご近所の旅〜

今宵は中秋の名月
2010年代最後の"満月"を愛でた。
国立天文台によると、中秋の名月が満月だったのは
 2011年から3年連続だったそうだ。
旧暦と月の満ち欠けには ずれがあり、次に満月となるのは、
先ごろ開催が決まった東京五輪翌年の2021年9月21日。
何とか、そのときまで生き延びたいものですな ご同輩 

2010年代最後の"満月"を愛でることができました。  

クリックすると元のサイズで表示します
 Photo.by 堂仙 Kit.

ベランダに棲みついている亀=[デバ公]君も ふふふ・・・
久しぶりに姿を見せて一緒に“月見”していました よ。 

クリックすると元のサイズで表示します
 Photo.by 堂仙 Kit.


ハザードラボ 2013年9月19日 10時52分 (2013年9月19日 12時07分 更新)
[拡大写真]

クリックすると元のサイズで表示します
19日は「中秋の名月」。
月見を楽しむ代名詞のように思われがちだが、実は今年を逃すと、2021年まで中秋の名月に"満月"は見られない。
19日は全国的に晴れの地域が多く、天文ファンならずとも月を愛でる夜になりそうだ。
中秋の名月は、3ヶ月ごとに四季が巡る旧暦で、秋にあたる7〜9月の真ん中の8月の、さらに真ん中の15日の夜の月を指す。
新月を月の始めとする旧暦では、月の半ばに満月を迎えるため、十五夜の月は満月と考えられてきた。
ところが、実際の月の満ち欠けの周期は約29.5日で、1ヶ月を29日か30日間とする旧暦では微妙なズレが生じ、中秋の名月に満月ではないことがしばしばあるという。
ここ数年はたまたま満月だったが、2010年代では今年が最後のチャンスだ。

「司神社」を下ったあたり=湧水町自宅付近の風景です。
田んぼの向こうに県営住宅:「吉松・レイルタウン」が、
そして、右方はるかに「霧島連山」が月明かりにクッキリと・・・
クリックすると元のサイズで表示します
 Photo.by 堂仙 Kit.





※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ