2009/2/26

旧奏楽堂〜満たされた時間  音楽

ほとんど夜に入る薄暗い上野公園。
歩いている人も少なく、私の知らない公園の姿。
奏楽堂に向かう正面に東京国立博物館がオレンジ色にライトアップされている。
見計らったようにipodからお涙ちょうだい音楽。

思わず泣きそうになる。

石畳を歩いていく・・
どういうわけか人がいない。
東京都美術館を通り過ぎる。
旧奏楽堂が見えてきた。

ああ〜なんて美しい光景だろう〜

〜忘れていた〜これが私の生きる世界だった。

重要文化財に指定されている館に入る。
歴史の匂いがやってきた。
そして忘れていたコンプレックスも少しだけよみがえる。

シューベルトの音楽をこんなにゆっくり聴いたことはなかった。
「ます」
こんなに美しい曲だったっけ・・・
・・・・・・こんなに美しかったっけ・・・

2時間半の、地味ではあるけど豊かな時間。

満たされた気持ちで外に出た。
ボリュームいっぱいにしてチャールストンを聴きながら歩く。

もうすぐ公園を抜ける。
向こうに駅が見えてきた。

現実という時計が動き出した・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

旧東京音楽学校奏楽堂
http://www.taitocity.net/taito/sougakudou/index.html

0



2009/2/28  16:47

投稿者:BUBU

★かぶさんへ
その通りです。
視覚は大事!大事です!

初めて音楽鑑賞で「運命」を最後まで聴いた時、
「しつこい!しつこすぎ!ベトベンの性が分かる」等と、とんでもない事を友達と言ったのを覚えています。
・・終わりそうで終わらない。
もう終わりか・・いやまだ終わらない。
今度こそ終わりか・・まだある。
いくらなんでもこれでおわ・・・らない・・
こんな状態ですよね(笑)

「ます」を聴きながら&見ながら「メントリ」を思い出しました。
ああ〜これが○ちゃんならなあ〜って。

「四季」確かに龍ちゃんのお陰で好きになりました。

2009/2/28  10:23

投稿者:かぶ

・・・『ます』って、もしかしたらあの有名なサビの部分しか
まともに聴いたことないかもしれません(>_<)
学校の音楽の授業で。・・・・・○十年前です(笑)

あまりにメジャー過ぎて、聴こうとも思わない曲で
今聴くと良いって感じる曲ってたくさんあるのかも。
運命(←今、この曲、息子が期末テストの範囲で苦しんでいます・笑)とか
四季(←龍さま演奏で目から鱗)とか(#^.^#)

音楽を聴く環境も大事なのか〜。
素敵な場所で聴けば美しさも倍増、『視覚』からも楽しめますし。
会場に出向くというのは家でCD聴くのとはやはり違いますよね♪

2009/2/28  7:47

投稿者:BUBU

★かぶさんへ
演奏会はもちろんとても良かったですが、時間の止まったような上野公園が幻想の世界のように感じました。
美しかったです。
「ます」
良かったですよ〜意外でした。
でもチェロソナタには驚きました。
あんな素敵な曲があったなんて!
やはりコンサートは生&現実逃避でしょう。(笑)

2009/2/27  22:44

投稿者:かぶ

bubuさま、こんばんは(^^ゞ
充実した時間を過ごされてよかったですね〜♪
最近ぜんぜん生演奏を聴いてません(泣)
私も癒されたいです〜。

龍さまのコンサートの時は、
癒された上に、現実逃避までできるのですが
現実(自宅)に戻る時の、あの虚脱感が・・・・(でも行きたい:笑)
毎回足取り重く帰宅します(-"-)


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ