2008/9/22

オレオレ詐欺と最後の一言  

先日、伯父のところに息子を装って「オレオレ詐欺」の電話がかかってきたそうです。

男「友人の保証人になってお金が必要、なんとか80万は作ったけど、あと200万足りないので出して欲しい。

伯父「声が違うな!」

男「風邪引いていて苦しいんだ」

伯父「詐欺じゃないのか、ちゃんと家まで来て話をしろ!」

というような会話だったそうです。

この電話がかかってくる前に、やはり息子を装って「携帯の番号が変わった」とか「伯父からの着信履歴があった」とか言って電話があったそうです。

さて、伯父の「家まで来い!」の言葉で終わったのですが、もちろん家まで来るわけはありませんし、伯父も被害に遭わずに済みましたが、その後になんとも可笑しなことが。

しばらくして、また電話が来たそうです。
そして言われた言葉

「あんた、常識ないな!」

詐欺師に言われた一言でした。(爆)

笑い話で済んで良かったです。
0



2008/9/25  10:18

投稿者:BUBU

★インパルさんへ
先日は、私の父のお墓参りに雨の中、伯父さん伯母さんに来ていただき有難うございました。

そうだったのですか・・・。
でも伯父さんはちゃんとインパルさんの携帯に電話したのですね。
そこが分かれ道かもしれませんね。

子を思う親心を突いた犯罪、本当に許せません。

被害に遭わずに本当に良かったです。
実は母の所にもあったのですよ。
子供は私一人、父もいないのに「オレだ、オレだ」と言ったそうです。

手当たり次第に電話しているのでしょうか。
でも中には、最初から名前を言ってくるケースもあるそうです。
なんとかならないですかね。

2008/9/25  9:05

投稿者:インパル

実はその間に少しエピソードがあります・・・

僕の携帯に親父から電話があり、『あれ?なんだ電話つながるじゃないか!、おまえ何処にいるんだ!?来るって行ったろ、いつ来るんだ?』などなど・・・
僕の方は、親父の話してる内容がチンプンカンプン??? 
はっ? 親父なにを言っている!!と思い、
順を追ってゆっくり話を聞いてみると、典型的なオレオレ詐欺!! 自分の親は絶対に詐欺など引っ掛からないと思っていましたが、少しで信じる余地があったのには驚きました。

話の感じとしては、7割位は疑っていた様ですが、少し信じかけた様です、その為、「家に来い」と言ったそうです。

やはり、親が子を思う気持ち、家族を思う気持ち等は、冷静な判断を狂わせるようです!!

今回はホント笑い話で済んで良かったですが、地方に住んでいて子供が上京している状態だと引っ掛かりやすいのも理解できますね。
人のやさしい心を突いた憎しき犯罪です。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ