2007/11/24

自分との闘い  音楽

特別な人以外、人前で演奏するのはあがったり、緊張したりします。
私も例外ではなく、むしろ人一倍あがり性。

どうしてあがるのか・・・上手く出来なかったらどうしよ〜、間違ったら恥ずかしい〜、笑われるんじゃないか〜etc.

確かにこのような思いもあります。
でも私の場合はこれ以上に【自分への期待】が大きいのです。

私にとってピアノを弾く事は
『私ってこうなのよぉぉ〜』
『私にはこんな面だってあるんだから〜』
『本当の私はこれなのよぉぉ〜』


と訴えたいわけです。
「演奏にはその人が出る」と思っている私は、口で言っても信用されない部分を演奏で訴えたいのです。

ところが技術が未熟な私は、思っているようには弾けない。
そこで練習するわけですが、家では弾ける(笑)

私はね、何事につけても精神力だと思っているのです。
精神力の強い人間に憧れるのです。
だから私も精神力が強くありたい。
いや『私は強い!』と思っているのです。
現実は弱いのかもしれません。だからあがる。

でも自分に期待しているの。「そろそろ強くなっているんじゃないか」って。

演奏するのはそれを試される時。
自分の弱さと闘うのです。

私の音楽のレベルはまだこの程度ですが、音楽を使って自己表現したい私には難関です。

しかしまだ「未知の世界」が残っています。
恩師水野先生曰く「たくさん練習すればあがらないわよ〜。」

友人のピアニストの浅野さんにも聞いた事あります。
私『緊張しない?』
浅野さん「練習をちゃんとしてれば緊張しない」

なんだかんだ言っても、結局はコレなのかなあ〜そうなのかなあ〜
練習が足りないのね(´Д`) =3 ハゥー

さあ、明日はクリスマス会。
自分の演奏も含めて楽しみです。
参加してくださる皆様、どうぞ宜しくお願い致します。
m(−−)m

【金曜日】
朝・・納豆ご飯
昼・・ご飯、雲丹のり、切干大根
夜・・お好み焼き、ワイン

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ