2007/1/31

英語本と血管年齢  英語

1月22日「金曜日から日曜日」のコメントでコナさんお奨めテキスト。
Oxford "Pratical English Usage"
がアマゾンから届きました。

見てビックリヾ(*ΦωΦ)ノ
大丈夫かなあ〜これ・・・

見た目で圧倒され、それだけでドキドキ(笑)

全部英語で何が何だか訳わから・・・ん!?
落ち着いてみれば何とかなる?

いや、単語が_| ̄|○

でも、単語覚えるにもいいかも・・・

とか一気に頭の中をかけめぐりました。

この本何かというと、文法の本です。

【使わない用法】【使う用法】
その説明がびっしりと英語で書かれています。

語彙力のない私には難関です。( ̄_ ̄ i)タラー

【飾り】にならない様に勉強します!

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します



先月に受けた≪動脈硬化≫の検査結果を聞いてきました。

先生「う〜ん、硬いね〜・・65歳の血管だね!」

私・・_| ̄|○

血管を柔らかくする薬が追加されました・・・(w_−; ウゥ・・

【火曜日】
朝・・納豆
昼・・1個
夜・・コロッケ(ひき肉無し、コレステロール下げる油使用)、キャベツ、ワカメサラダ、ワイン
0



2007/2/2  8:15

投稿者:BUBU

★Dear JJ
≫someday, let me see!!
sure!

I was glad for your word.
(We're going to go Boston.)
You know!
I look forward to it.

≫don't rush to study!!
Yes,I got it!


2007/2/2  8:05

投稿者:BUBU

★いでちゃんへ
全ては【勇気】だと思います。
英語だけじゃなく、ピアノ弾くのも、仕事を成功に導くのも。
私はこの勇気、いでちゃんはじめ、周りのお友達から学びました。
考える事はとても大事。
でも考えるだけじゃ、な〜んにも始まらない。
行動しなきゃ。そこに必要なのは【勇気】
勇気ある人間になるぞ〜!

2007/2/2  7:58

投稿者:BUBU

★CONNAさんへ
細かく教えてくださり、有難うございました。
気張らず、KONNAさんの言う通り読んでいきます。
「文法にあまり囚われず」
分かっているんだけど・・性格なのよね〜
1番のネックかな。

でもいざとなったら文法なんか気にしていられない事も十分知っていますし、経験してます。
思いつく限りの単語を並べて訴える→通じる。

頑張るというより、楽しみます!
またアドバイスお願いします。


2007/2/2  6:57

投稿者:JJ

you gat very nice book,
someday, let me see!!
anyway , don't rush to stady!!

but I should stady , too.

2007/2/2  6:14

投稿者:いであ

そう。言葉って細かい事にこだわると話せなくなると思う。
「こんな事を言ってるのだな」でいいんです。
それをヒヤリングで増やしていけば。
だって子供は文法なんて知らないで話し始めるでしょ。
単語の1つでも聞こえればいいんです。
全部を分かろうとしてはダメです。
あと、話す方は勇気だけです!(^_^)


http://www5d.biglobe.ne.jp/~idea/

2007/2/1  17:47

投稿者:CONNA

実は私も初版から20年以上経ったので,今回はAmazonから(中古を見つけて)買いました.
初版と比べて版サイズも大きくなってるし,量も1.5倍はありそうな,しかも2色刷りになり,まるで別の本みたいです.

イデちゃんも言ってたけど文法にあまり囚われず,ガンガン話し,聞いてみるのがいいでしょうね. 疑問や訂正された所を紐解いてみたり,つまみ読みや興味のあるところだけでも見てもいいと思います.

最初の方のローマ数字でページが書いてあるところのP26-29,全体が二色刷りの部分,ここが初,中,上,上の上の学習で間違いやすいポイントを指摘してます.
「ここの最初の35項目だけでも読むぞー」,だけでも十分参考にはなる思います.
そのためには,P17-25の用語解説の部分でどうしても必要な文法用語やらなにやらが出てくるのですが,これは(全部じゃないにしても)ある程度,覚えなきゃいけないかも知れません.

でも,逆にここを突破すればあとは小説や文学作品よりはずっと平易な文章なので(これが重要!)何度も何度も同じ表現,文章が出てくるので自然と語感,言葉の前後関係,位置などが身体にしみこんでくると思いますよ.

先生,講師に逆に尋ねるときも使えるでしょうしね.
ともかく気張らずに気楽に行きましょう.
私も新たな気持ちで読み始めることにします.
ではでは.

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ