2015/6/27

指の骨折12〜CRPSで入院編  骨折

リハビリは順調に進んでいったのですが、12月に入り思わぬことが起きたのです。
また入院することになりました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

家でも一生懸命自主トレして、ようやくここまで曲がるようになってきたのですが、見てください!
手が真っ赤。

CRPSという炎症が起きてしまいました。

※CRPSとはComplex Regional Pain Syndromeの略です。
Complexの意味は複雑に症状が混ざり合っている状態をいいます。
Regionalとは、最初に発生した部位を超えてより広い範囲での現象を意味します。
Painとは、痛みを意味します。
Syndoromとは、症候群という意味です。

名前の通り、複雑な要因が絡み合って引き起こされる疾患なのです。
交感神経の関与が疼痛を引き起こす一因であると考えられます。
以前は反射性交感神経性ジストロフィーと呼ばれていました。
しかし、自律神経のお薬や、ブロック注射などによっても疼痛が取れない例もあることがわかり、現在のCRPSという疾患名が提唱されるようになりました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A4%87%E5%90%88%E6%80%A7%E5%B1%80%E6%89%80%E7%96%BC%E7%97%9B%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4


骨折等の原因によって起こる炎症ですが、労災病院のような大きな病院でも発症する人は年間に100人に満たないということです。
なかなか発見できず、症状がひどくなってからようやく気付き、大変なことになることもあるそうです。

私「今週は頑張ってるのに成果がありません。手もじんじん痛いし、ピカピカ赤く光ってます。」

A先生「(手をじっと見て)CRPSになった可能性がありますね。」

CRPSについてお話をしてくれ、疑いがでた時点で即治療を始めた方がいいこと、ステロイドを飲まなければならないこと、1週間様子見て改善してなければ入院した方がいいこと等を話してくれました。

私は最初もっと簡単なことかと思っていましたがそうでもないようです。

今日からは、リハビリも無理しない、痛いことはしない。(それまではバンバンリハビリする事になっていた。この時はまだピアノは弾けない状態)
これにかかると無理出来ないのです。
後には(現在:CRPSになったことで筋肉が硬くなっている)

この日からステロイドが痛み止めの薬に加わりました。
唇がピリピリ痒くて痛くてとても辛い状態も始まりました。
薬の副作用かもしれません。

一週間後、入院が決まりました。

1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ