2014/6/26

音楽は生き物  音楽

つくづく思う、音楽は生き物だと。

指が動くようになるにつれ、腕の力が抜けるようになるにつれ、弾くこと自体に余裕が出てくるにつれ、自分の曲に対する見方感じ方が変化してくる。

そして余裕が出てくると、楽譜上でも今まで見えなかったことが見えるようになる。

フレージング(文節のようなもの)などは、曲の雰囲気や様子までも変えてしまうことがある。
それに気がついたりすると「さあ、大変」
もしかしたら、今までの弾き方は違うんじゃないかと思いだす。

浅野先生のレッスンに行く。
帰ってくるときには別のものになってくる。

勇ましさ→憂い

安堵→不安

威厳→優しさ

男性→女性 

だったりするのではないかと思うようになる。

もちろんその逆もある。

浅野先生の演奏を聴く→私とは別物で本当に豊かで素敵。

でも先生はおっしゃる。

自分の曲だから、自分が弾きたいように弾くことが1番。そのためにも考えられるだけ色々な可能性や曲の構成、分析をしてみる価値がある。と。

これまでの私だったら「ああ〜大変だあ〜」だったかもしれない。

でも今の私は『さあ、面白くなってきたぞ!』

それから私の悪いクセの一つで、強い音を出す時に「押さえつけたようなタッチ」になってしうことがある。
この時の汚い響きも自分でわかるようになってきた。

たどたどしく弾いている時には聴こえなかった音質も聴こえるようになってきた。

だから直ぐに上手く弾けるわけではないけれど、気がつけば確実に音は変わる。

曲に先入観を持たないこと、そうすればその曲は自分の分身となって成長していく。

そう思うと絶対にいい加減には出来ない。

音楽ってなんて素晴らしいんだろう!

今日も1日頑張ろう!


クリックすると元のサイズで表示します
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ