私達は「らくうた」という合唱団です。2006年3月に誕生した合唱団で、福岡で活動しています。団員は九州はもとより、遠く関東、関西からも合せて歌う事を至上の喜びとする合唱猛者達が集まり、より良い音楽創りを目指して、日夜、悪戦苦闘しております。
6月本隊練習  

この前の日曜日は、らくうた6月本隊練習でした♪

今回は、高嶋先生のご都合がつかず、久しぶりにソプラノ01番による情け容赦ないハモリ追求でした(^。^;)
高嶋先生は、あまりにらくうたがついて来れないと、「・・・って言う風にしといてな。」と、次に行ってしまわれますが、ソプラノ01番は出来るまで次に行かない(>_<)

「今、できるようになって!」

今回の演奏曲の中で、最大の難関は「風に鳴る笛」の『奏楽』だと思うのですが、1年以上練習してきてやっと、何とかやれるようになってはきました。でも、なかなか細かいところがピタ〜ッと来ない。で、今回はなんとソプラノとアルトをシャッフルしてやってみました。もちろん、コレは1人1人がしっかり音を取っていないと出来ない技で、そこまではイケてるってことではあるのですが、なんと無謀な!
・・・でも、やってみると意外とやりやすい!ハモる音、ぶつかる音、ユニゾンになるところが明確にわかり、ソプラノとアルトが分離せず、波乗りのサーファーのように気持ちよく音が進みました。う〜ん、いいなぁ(^0^)

今回は合唱祭があったり演奏会があったりで、参加者が半分くらいだったのですが、なかなか良い練習が出来ました。いつもは3列にも4列にも女声がなり、端から端では声も聴こえず、息遣いも伝わらず、何か不全感が残ってしまうのですが、全部で30人くらいだと、全員が阿吽の呼吸で揃うところがあり、気持ちよかったです。
個人的にはこのくらいの人数が好きだなぁ・・・ナ〜ンテ。
もちろん、大人数でも気持ちを合わせて、指揮無しでも揃うようなレベルにまで達したいものです♪

それと、個人VTを受け始めた人たちの伸び率が見えてきました!全然違う!声の飛びと、質の揃い具合が明らかに変ってきているのがわかります。すごいなぁ!

次は間を空けず3週間後に高嶋レッスンです。暑気払いも予定しています。そろそろ暗譜も始めないといけません。階段を着実に上って行けている感覚が嬉しいです。
うっとうしい梅雨時ですが、体調に気をつけて楽しみたいと思っています。



0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ