2009/2/19


あなたにとって過去は必要ですか?

フジテレビ系のドラマ 『トライアングル』 を見ていて、
サチ(広末涼子)の 過去を切り離して生きていけない ・・・
この一言が印象に残っています。

このドラマは、25年前(小学生の時)に少女が殺害された未解決事件に絡んだ、
ヒューマンサスペンスミステリー。
ストーリーは ⇒ こちら

その中で、それぞれの境遇から過去に対する捉え方が描かれています。
先ほどのサチのように、
過去を切り離して生きていけない ・・・ 過去を受け止め向き合おうとする
ある人は、引きづりつづけ、真実を追い求める
そして、過去は必要ないとする人などです。

※・※・※・※・※・※・※・※・※

最近、過去をキーワードとしたセラピーが続いたこともあり、
気になった言葉だったんです。
ちょっとだけ過去との関わりを 『色』 でみてみましょうか。

まず グリーンスプリング・グリーンがあげられるでしょうか


グリーン は、植物の色。
成長」 というキーワードがあり、「前進」 するという言葉でも表現できますし、
時間」 というキーワードや、前進の反対、後退 というのも出てきます。
後退を過去としてみていくと、
そこに留まっている、時間が止まってしまっている。
そんな風に考えることもできます。

また、黄色を含んだ スプリング・グリーン
新芽の黄緑は春をイメージさせ、「 新しいスタート 」の色でもあります。
一つの物事を終え、再出発を時でもあるかもしれません。
どちらもにしてもやはり、前進の色。
そしてイエローには、得た知識。つまり経験というキーワードも含んでいて、
スプリング・グリーンは、過去の経験を現在に活かし未来を切り開いていける 色でもあるんです。
けれど、過去の出来事を忘れたいけど気になって仕方ない。
前に進めない・・・そんな時もあるでしょ。
ここにも過去との決別できているか、どうかのキーワードが出てきます。

そして、ゴールド
ゴールドには、「自分を受け入れる」 や 「正義」、「ゴール」 というキーワードがあり、この色には、オレンジ にある トラウマ のキーワードも含んでいます。
トライアングルの主人公は、犯人だけでなく、少女を救えなかった、守ってやれなかった自分も許せなかった。
そんな部分からも、ゴールドの持つ過去かもしれませんね。
(事件はまだ終わっていない)

他にも、レッド の強い意志や決意、情熱・エネルギーというキーワードも一つの事柄に注ぎすぎれば、強くなり、そこから、怒りや執着にもなります。

では、もう一度。
あなたにとって過去は必要ですか?

私にとっては過去は、原動力になることもあるので必要な部分です。
けれど、そこに留まりすぎることはお勧めできません。
かなり手ごわい相手ですけれど、
過去の出来事が悲しみや怒りに変わる前に、自分なりの受け止め方を見つけて行くしかない。

あなたは過去とどう付き合っていきますか?

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ