2010/7/8

ちゅら旅 2日め  

らっしー イリオモテヤマネコに会いに行く?

朝おきると、どんよりとした曇り空
雨が降っていないので西表島へ行くことにした。
ホテルに離島めぐりの送迎バスがくるのでそれにのり、離島ターミナルへ
窓口で船浮集落をめぐるツーを申し込んだ。
船浮は陸の孤島ともいわれ、道路が通じていないので、船を利用する。
この集落はイリオモテヤマネコ、発見の地でもある。
近くの小学校は児童3人にたいして、職員9名というから、驚きだった。

風があるので、波も高くジェットコースターのような高速船
船着場には、迎えのバスがまっていた。
白浜でちむどんどん号という船がまっていた。
ちむどんどんとは、ワクワク、どきどきということだそうだ、
どんな、ワクワクどきどきがまっているんだろう。。

内離島(うちはなりとう)、古くは炭鉱で栄えたところ、動植物はすべて天然記念物というから驚き、、

船浮上陸、港はまだ新しい。
集落をあるいていると、選挙の投票箱をかかえた人とおまわりさんをみかけた。
ここでの移動手段はすべて船なのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

お昼ごはんは船浮三味
グルクンのからあげ、パパイアの煮物、この集落でとれたたけのこと
どれも体にやさしい島ごはんでした。


クリックすると元のサイズで表示します




10分ほど、舗装されていない道をいくと、イダの浜

クリックすると元のサイズで表示します

人影はまばらで、プライベートビーチのよう
聞こえるのは、波の音と、サンゴのかけらがこすれる音だけ
静かな時間がながれます。
案内人の三郎おじーの三線が、ここちよい、

波止場にもどると、黒いラボラドールが泳いでいる。
ほんとうに気持ちよさそう、
いつまでもあきることなくみていた。

マングローブの中を船が進む。
水落の滝を見に行く。
滝の水が海水にそそぐのは、たいへんめずらしいらしい。


パイナップル畑の中を星砂海岸に行く。
星の砂海岸は思ったより、せまかった。

最終の船で石垣島にもどった。
0



2010/7/15  22:30

投稿者:らっしー

☆山百合子さん
みてくださってありがとう
石垣島、ダンナの友人が以前住んでいたところなのでいつかは行きたいと思っていました。
石垣は沖縄本島より、台湾に近いんですね。
今までお山にいくことが多かったけど、海もいいものですね。


http://geocities.jp/raccyw/newpage.html

2010/7/15  11:26

投稿者:山百合子

石垣島に行ったのね。
沖縄も離島は、静かで、海も綺麗でしよう。
石垣島は行った事が無いので、興味しんしん。

白い砂浜と青い海、良いなぁー

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ