2007/8/24

旅日記 5日目  

暗闇の中、ゴソゴソと出かける人たちの行き先は橋から見るマッターホルン。
なぜか、日本人ばかり、後から知ったことだが、今回のチャーター便322名がこのツエルマットに集結していたそうだ。
クリックすると元のサイズで表示します
わたしが感激したのは、闇夜の青白いマッターホルンだった。
朝ご飯の時間ぎりぎりまで、ながめていた。きょうの朝ごはんは白いごはん、みそ汁と和食がえらべた。久しぶりのごはん、これってどこのお米なのかな?

ボルグナード鉄道にて標高3130Mのゴルグナード展望台へ。
頂上から数ある4000M級のアルプスの山々が見れた。
ここで、同じバスのメンバー全員と彼らで、記念撮影

クリックすると元のサイズで表示します
お仕事の後は、気持ちよさそうにお昼寝、彼らも登山列車で、ご出勤してきたそうだ。
ひとつしたの駅ローテンボーデンからリッフェルベルクまで、ハイキング。
おめあての逆さマッターホルンもバッチリ

クリックすると元のサイズで表示します

その後、お昼をたべて、自由行動になったのだが、その場をさりがたく、のんびりすごすことにした。

クリックすると元のサイズで表示します
マッターホルンとひつじ、絵はがきにあったけど、実物にあえました。
ひつじはのんびり草をたべるものとおもっていたけど、走るし、跳びます。(笑)
0



2007/9/13  23:03

投稿者:raccyw

スイス、日本人が多いですね。
憧れの聖地といったとこでしょうか?
普段は、お米を食べることが多いから、パンが続くとごはんがたべたくなりますね。
お料理は、ラクレット、(チーズをとかしたものにジャガイモをからめたもの、アルペンマカロニとか、食べました。
マッターホルン、ぜひ、みにいってくださいね。

2007/9/13  0:08

投稿者:あずさ

スイスは憧れの国ですもの〜でも日本人だらけでしたか・・・
ご飯と味噌汁なんてね!本場のチーズフォンデュは食べましたか?

マッターホルンの写真がどれも素敵に撮れていますね〜^^
やっぱり行きたくなりますね!

2007/9/12  0:09

投稿者:raccyw

☆いくちゃん
橋からみたマッタホルンの場所は、教会の広場を左にまがって、墓地の横にマッターフィス川がながれていました。橋をわたったところが階段になっていましたよ。
前回マッターホルンが眺めらなかったので、また来たってかたが何人もいらっしゃいました。お天気がよかったから、モンテローザ、リスカム、氷河もすてきでしたよ。
ガイドさんが、今まで、聞いたことあるお山の名前がいっぱい、でてくるんだもの、覚えきれないです(笑)
マーモット、鹿もみられましたよ。
ひつじさん、おいしい空気をすって、のんびりしていたけど、願わくば、ひつじになりたい「らっしー」でした。

☆SAKURAさん
逆さマッターホルンとわたすげ、本当に写真、そのものでした。
闇夜のマッタホルン、ぜひ、見に行ってください。お勧めですよ。
あんまり、ほめていただくと、てれちゃうな〜♪(ポリポリ)
お花をみにいくなら、もっと早い時期がいいそうで、お山をみるのなら、今ごろがいいみたいです。

2007/9/11  15:55

投稿者:SAKURA

好天に恵まれて素晴らしいマッターホルンですね。涎が…(笑)
山を眺めて過ごす自由行動は素晴らしい時間だったでしょうね〜♪
闇夜の青白いマッターホルンに感動…味わってみたいで〜す。
素適なお写真にうっとりしています。
羊さんとマッターホルンはいい構図だし、逆さマッターホルンも素晴らしい〜♪

2007/9/11  14:44

投稿者:いく@しずおか

橋から見たマッターホルンって、同じ場所から
見たのかなー。。
逆さマッターホルンがこんなに綺麗に撮れていて
すごいすごい。
ゴルナーグラードからの眺めもとても良かったのでは。
ここの羊さんたち、図太くて列車が来ても
絶対どかないのよね〜。。。

http://homepage3.nifty.com/Mt-ikuiku/index.html

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ