Vintage R/C Collections

 
何かのきっかけで、ラジコンに興味を持ち、昭和40年代末、お小遣いをためて、たしか、MATSUSHITA CAT BUGGY (関模型製作所)とブンケン02エンジンカーを購入したのがはじめでした。これらは、いまは、展開図と一部のパーツしか残ってません。そんな中、しばらくラジコンから離れておりましたが、ここ数年前から再びホビーとしてのラジコンに魅了されております。最近のラジコンの発展は素晴らしく、完成度も高いものばかりです。しかし、ふと、古の時代のラジコンがとても懐かしく感じることがあります。機能性はもちろんいいにこしたことはありませんが、それ以上に模型としての遊び心も大切で、当時の模型にはそれらは随所に惜しみなく奢られておりました。造り上げる喜び、創意工夫する喜び、それこそが、今では汲み取れない、大人のホビーの心を奮い立たせるもの、決して旧式ではなく、むしろ今以上に新しい感性ではないでしょうか。ここでは、自分がラジコンを始めた頃のエンジンカーや懐かしいラジコン(新品であったり、ジャンクをレストアしたり)やその資料・パーツなど、今や絶版となり、ほとんどお目にかかれなくなった、1970年代を中心とする、懐かしいR/Cモデルのコレクションをブログ形式でご紹介いたします。京商やタミヤは、今や日本のラジコン模型の中心的な存在ですが、1970年代には、他にも多くの素晴らしいラジコン模型を作っている会社がたくさんありました。例えば、関模型製作所のキャットバギー、石政のラットバギー、三共製作所のデラックスバギー、神戸機工のビッグバギー、東模のサンドマスター、SPITAL産業のジープアメリカン、フタバ産業のサハリーバギー、CBぶんけんのポケットカ−02 等など、懐かしい名前ではないでしょうか?現在のラジコンカーを楽しみながらも、今はもう手元にはない、思い出のキャットバギーの影を慕いつつ、当時のエンジンバギーを中心にコレクションしております。未組立て品、ジャンクのレストア、あるいは一部のパーツ、そして、取説や当時の雑誌などの資料など、懐かしく、あるいは新しい目でご覧いただけましたら幸いです。 単なる玩具ではなく、大人のホビーとしての、今では貴重ともなった、おそらく当時の町工場の職人さんたちがその匠の技術を駆使して造っていたであろう、またその意気込みすら感じられる「無線操縦式模型」達をお楽しみ下さい。

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:Pipo
オリジナルは、箱だけでも相応の価値があります。
箱のレストアでもあるように、画像ソフトで調整して印刷すれば、ボール紙と段ボールを利用して複製できると思います。
それなりの雰囲気は十分に味わえると思います(^_^)v
ご堪能頂ければ幸いです。
投稿者:ひでたろう
感謝の一言
15年位前に
やふおくで青箱が出品されていたが
落札出来ず、ずっと悔やんでいました
画像さえあれば自作で外箱が捏造できます。ありがとうございます。
投稿者:Pipo
ひでたろうさん、ご贔屓ありがとうございます。
デューンバギーは、12,3年前でしたでしょうか、海外からも入手したりと集めましたが、お世話になっていたかと、感謝します。

ラットバーのごく初期の明治屋の方は超レアで、特集に入れてありますが、箱が大きすぎて写真で撮りました。
青箱の方は割とメジャーですが、私の物も大分傷んでおります。まだ原型はとどめておりますので、週末にでも特集の方へ入れておきますので、ご覧ください。
投稿者:ひでたろう
昨日グドラに登録させていただいたものです自分も過去に色々なラジコンカーを所有していましたがほとんどヤフオク処分して残っているのはラットバギー未組み立ての新車1台分と、ポケットカー02だけになってしまいました
おそらく貴殿が所有されているテスター社デューンバギーは私がオク出品して落札された品だと思います
その節はありがとうございました。

突然なちょっとお願い事がありますが
ラットバギーの青函をスキャナー生データで掲載して頂くとうれしいな
自分のラットバギー外函は過去に保管状態が悪くネズミにかじられて無くなってしまいました(どうも屋根裏にネズミの巣に化けてしまったみたいです)
投稿者:Pipo
追伸です。
ゴムにヒビ割れが無くて、弾力も残っているようであれば、レストアにてご紹介したように、エアー入れと接着剤での漏れ留め、ゴムスプレーでの補強というやり方でもいいのですが、ゴムの状態次第ですね^^;

レストアでは、このゴムの劣化に一番悩まされます^^;
投稿者:Pipo
とと様、ご訪問ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

さて、ご質問のタイヤのヘソですが、位置的には側面の中央ではなく、側面の接地面よりにあったと思います。接地面に親指、側面に人差し指をあててつまんでいくと、1cm弱の大きさだったと思いますが、円形のコロっとしたものを触れると思います。
ここに、テニスボールの空気入れなどでエアーを注入できます。
しかし、おそらく、タイヤがへこんでいる状態では、ゴムそのものが劣化している可能性が考えられます。エアーを入れても、翌朝には抜けていることが予想されます。
タイヤゴムにヒビ割れや硬化はないでしょうか?
劣化したタイヤでは、このへそそのものが取れてしまって、中に落ちているものもあります。
以前、同様の凹んだタイヤの補修に、自転車用の補修材の入ったスプレー式のパンク修理を使ってみたことがありますが、私のやり方がまずかったのか、薬液とガスのバランスが悪いのか、良いようにいきませんでした。
もし、走行ではなくディスプレイをお考えなら、レストアのところにご紹介しているように、思い切って、ホイールと接する面に小さく割を入れて、ウレタンスポンジなどをちぎったものを詰めていくやり方の方がきれいにいきます。
傷んだゴムタイヤの表面には、コムスプレーを吹いておけば、見た目きれいになります。

ラットバギーいいですよね。ぜひレストア完成させて、かわいがってくださいませ^^*
投稿者:とと
はじめまして。
ラットバギーについて質問させて頂きます。
当方もラットバギーを入手しました。レストアを楽しんでいますが、タイヤの凹みが酷く困っていたところ、こちらに来ました。タイヤのヘソを探して空気を入れたいのですが、ヘソが見つかりません。どの辺りにヘソがあるか教えてください。宜しくお願い致します。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ